【2016年アカデミー賞】映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』が脚本賞にノミネート!

©2015 UNIVERSAL STUDIOS

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS

伝説のヒップホップグループとして、今なお語り継がれているN.W.A.の真実の物語を描く映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』。全米興行収入で驚異の3週連続No.1を記録し、音楽伝記映画として歴代1位の興行収入、黒人監督史上最高興収を樹立するなど、多方面で話題を呼んでいる本作が、1月14日(現地時間)に発表された第88回アカデミー賞(R)ノミネーションにて、脚本賞候補としてノミネートされた。

本作で描かれるのは、“世界で最も危険なヒップホップ・グループ”N.W.A.を結成した男たちの、成功への道のりと挫折、名声の代償、権力と偏見との戦い、裏切り、そして友との別れ。いくつものテーマが絡み合った本作は、音楽映画というジャンルを超えて、メッセージ性に溢れた重厚なドラマとして完成され、多くの映画ファンの心を打ち抜いてきた。

白人が有利と言われるアカデミー賞で、人種差別と闘う黒人の姿を描いた本作は、果たしてオスカー像を手にすることができるのか?注目の第88回アカデミー賞授賞式は、現地時間2月28日の午後五時半から、ハリウッドのドルビー・シアターで開催される予定だ。

【作品概要】1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

>『アカデミー賞』の記事をもっと読む


映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』

渋谷シネクイント、新宿バルト9ほか全国大ヒット公開中!

監督:F・ゲイリー・グレイ

出演:オシェイ・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、ポール・ジアマッティほか

2015/アメリカ/147分/シネスコ/デジタル/R15 原題:Straight Outta Compton

配給:シンカ、パルコ ユニバーサル映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST