二階堂ふみ、妖艶な少女役でおじさまを翻弄「たくさん愛でていただいた」

(左から)石井岳龍監督、二階堂ふみ、大杉漣

(左から)石井岳龍監督、二階堂ふみ、大杉漣

二階堂ふみが1月27日、アキバシアターで開催された『蜜のあわれ』の試写イベントに出席。「役として、たくさん愛でていただいた」と相手役となった大杉漣との共演を笑顔で振り返った。

本作は、大正期の詩壇を牽引した室生犀星の小説を原作に、自分のことを「あたい」と呼び、変幻自在の金魚の姿を持つ少女・赤子と、室生自身を投影したといわれる老作家との触れ合いを描く幻想的な物語。この日の舞台挨拶には、大杉漣、石井岳龍監督も登壇した。

二階堂は「高校生の時に読んでから自分がやりたいと思っていた」とこの原作が大好きだったとか。「会話文なんですが、そのやりとりがすごくかわいくて。あの時代の文学作品の深みに惹かれた。直接的にワクワクさせたりするようなところのある作品」と原作の魅力を話し、「いろいろな方に、これがやりたいんですと話していて。言い続けていたらちゃんと出会う時があるんだなっていうのを実感しました」と本作への格別な思いを明かしていた。

二階堂ふみ

二階堂ふみ

大杉漣

大杉漣

石井岳龍監督

石井岳龍監督

ある時は少女、またある時は赤い金魚である少女・赤子役を演じた二階堂。石井監督は「赤子になりきっていた。テストから役が憑依したような状態で。もったいないから、もうちょっと待ってくれと逆に止めるくらいだった」と二階堂の魂のこもった演技を絶賛。大杉も「(僕は)振り回されっぱなし。ずっと翻弄されていた。二階堂さん演じる赤子は、金魚なんですが、監督もおっしゃっていたんですが、本当に金魚に見えるんです」とその存在感に舌を巻いていた。

照れながら二人の言葉を聞いていた二階堂は「赤子は、犀星さんからいろんなものを吸収していく役だなと思っていて。その役同然というか、私自身がやりたかった作品で、大杉さんとご一緒できるなんて幸せだなあと心から思った。たくさん、役として愛でていただきました」と赤子としての濃密な時間を述懐。石井監督は「とっても素敵でしたね。自分が一番、特等席で二人の世界を見るんですが、酔わされました」と、二階堂と大杉の演じた魅惑の世界に大満足の表情を浮かべていた。


映画『蜜のあわれ』
4月1日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

原作:室生犀星「蜜のあわれ」
脚本:港岳彦
監督:石井岳龍
出演:二階堂ふみ、大杉漣/真木よう子/韓英恵、上田耕一、渋川清彦、高良健吾/永瀬正敏

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

室生犀星

生年月日1889年8月1日(72歳)
星座しし座
出生地石川県

室生犀星の関連作品一覧

二階堂ふみ

生年月日1994年9月21日(23歳)
星座おとめ座
出生地沖縄県那覇市

二階堂ふみの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST