脚本は会話だけ!? ダニー・ボイルも「息をのむような言葉の洪水にビビッと来た」と熱烈歓迎。映画『スティーブ・ジョブズ』の特異性

(左から)ダニー・ボイルとアーロン・ソーキン/(C)Universal Pictures

(左から)ダニー・ボイルとアーロン・ソーキン/(C)Universal Pictures

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えたスティーブ・ジョブズ。彼の生き様の全てが詰まった人間ドラマ『スティーブ・ジョブズ』(2016年度アカデミー賞(R) 主演男優賞&助演女優賞ノミネート)がいよいよ2月12日(金)より公開となる。

本作で描かれるのは、ジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品──1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つのフェーズで、ジョブズが人々の心をわし摑みにした伝説のプレゼンテーション〈直前40分の舞台裏〉。ただ単に人生を追うだけの伝記映画とは一線を画す仕上がりになっている。

『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞を手にしたアーロン・ソーキンが脚本を担当。監督のダニー・ボイルは「これをやらない手はないと思ったね。こんな映画は今までやったことがない。息をのむような言葉の洪水にビビッと来たんだ。同時に、アーロンが築き上げたスティーブ・ジョブズというキャラクターにいたく感心した。まるでシェイクスピア作品に出てくるような人物だ。残忍なのに、魅力的で楽しくて」と、ソーキンの脚本を初めて読んだ時の興奮を語っている。

ソーキンは自らもジョブズの元同僚や家族にインタビューを行って素材を集め、「ウォルターには客観性が必要だったが、僕の仕事はアートだから主観を重視しなければならなかった」と原案でウォルター・アイザックソンの「スティーブ・ジョブズ」と表現方法が全く異なることについてコメント。またその結果、完成した200ページ近くに及ぶ脚本は会話だけで構成される事になった。

「ダニーはそれを熱烈に歓迎してくれた」と振りかえるソーキン。「会話劇をまるでアクション・シーンのように撮って、魅力的なヴィジュアルにしてくれた。観る人がジョブズを血の通う人間として感じてくれるとうれしいね」

(左から)マイケル・ファスベンダーとダニー・ボイル

(左から)マイケル・ファスベンダーとダニー・ボイル/(C)Universal Pictures

さらに、キャスティングについても意見が一致していたようで「ダニーと僕は、スティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックやジョン・スカリーのそっくりさんを探すのには、断固反対だった」と話すソーキン。「現実と同じ設定として起こるのは、唯一、Macに株主たちに向かって「ハロー」と言わせられなかったMacintoshの製品発表のイベントだけ。それをめぐって巻き起こるすべての出来事こそ、スティーブの人生を表すのに僕が選んだ葛藤の場の集大成なんだ。リアル・タイムの40分という時間へとね」

かつてない会話による緊迫のアクション・エンターテイメント『スティーブ・ジョブズ』はまもなく日本で公開を迎える―。


映画『スティーブ・ジョブズ』
2月12日(金)全国公開

原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』、『28日後…』、『トレインスポッティング』)
脚本:アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』)
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 他

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ダニー・ボイル

生年月日1956年10月20日(61歳)
星座てんびん座
出生地英・マンチェスター

ダニー・ボイルの関連作品一覧

アーロン・ソーキン

生年月日1961年6月9日(57歳)
星座ふたご座
出生地米・ニューヨーク

アーロン・ソーキンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST