池松壮亮×菅田将暉『セトウツミ』ポスタービジュアルと第一弾撮り下ろしショートムービー公開

(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013、(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013、(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となる。『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。

クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結している。監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中。

そして今回そのポスタービジュアルと初の映像素材となる特報1「けん玉」が解禁となった。

ポスタービジュアルは、池松演じる“内海”と菅田演じる“瀬戸”が河原の階段に座っている、まさに映画を象徴するシーンが切り取られている。毎日のように放課後を一緒に過ごす、瀬戸と内海。なのに、お互いがそっぽを向いている。そんな2人の間に挟まれたキャッチコピー“「喋る」だけの青春。”2人のそばには1匹の三毛猫。ほのぼのしているけど、クールで、ちょっとシュールな、“いつもの放課後”の空気が伝わってくる仕上がりになっている。

また映像初披露となる特報1「けん玉」は、特報としては異例の約2分間のショートムービー仕様。

「セトウツミ」原作者の此元和津也が描き下した短編を、本編同様に大森立嗣監督が演出した特別撮り下ろしショートムービー。本作の特報は3パターンを予定しており、特報2「タイミング」、特報3「スタンディングオベーション」も公開に向けて順々に解禁となる予定。


映画『セトウツミ』
7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ
鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、奥村勲、笠久美、牧口元美/宇野祥平
配給:ブロードメディア・スタジオ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(25歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

大森立嗣

生年月日1970年9月4日(47歳)
星座おとめ座
出生地東京都

大森立嗣の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST