舞台挨拶にキャストではない鈴木拓がまさかの乱入!?―映画『珍遊記』完成披露上映会

(写真左から)野田(鬼ヶ島)、おおかわら(鬼ヶ島)、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓(ドランクドラゴン)、山口雄大監督

(写真左から)野田(鬼ヶ島)、おおかわら(鬼ヶ島)、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓(ドランクドラゴン)、山口雄大監督

今月27日(土)に公開を迎える映画『珍遊記』の完成披露上映会が、18日(木)に新宿バルト9で開催され、上映前に実施された舞台挨拶に、主演の松山ケンイチ、共演の倉科カナ、溝端淳平、メガホンを取った山口雄大監督、脚本・出演のお笑いコンビ鬼ヶ島のおおかわら、そして飛び入りで、おおかわらの相方・野田と、鈴木拓(ドランクドラゴン)か登壇した。

本作は、漫☆画太郎による伝説的ギャグ漫画の実写化作品。悪行の限りを尽くしていた山田太郎(ピエール滝→松山ケンイチ)が、坊主の玄奘(倉科カナ)によって力を封印されたのちに、天竺を目指しながら徳を積む(?)ための旅を送る姿を愉快に描く。

別作品の撮影のため、ふっくらしている松山ケンイチ

別作品の撮影のため、ふっくらしている松山ケンイチ

当日のMCを務めたおおかわらの呼び込みに続いて、一同が舞台上に現れると、会場は大きな歓声に包まれた。原作ファンだと語る松山は、オファーを受けた時を振り返り、「めちゃくちゃな原作ですから、映画として成立するかも全くわからないんですが…」と前置きした上で、「画太郎さんのファンですし、雄大さんとは、以前一度、短編でやらせていただいたんですが、長篇はまだやっていなかったので」と本作が念願の企画だったことを明かした。

本作で過激なセリフと特殊メイクを披露している倉科カナ

本作で過激なセリフと特殊メイクを披露している倉科カナ

過激なセリフや特殊メイクが話題を呼んでいる倉科は、「松山さんと対極のテンションでいることは心がけていました。過激な言葉や特殊メイクは、脚本をいただいた時には何も考えていなくて、ただただ脚本が面白かった」と、おおかわらの脚本を絶賛。しかしいざ出演してみると、その衝撃的な役柄から、周囲の人々に『大丈夫?』と言われてしまったそうで、「撮影が終わってから引いて見ると、自分でびっくりしています(笑)」と複雑な心境を明かした。

「とんでもないクズ」を演じているという溝端淳平

「とんでもないクズ」を演じているという溝端淳平

映画のオリジナルキャラクターで、イケメンだがインチキ教祖の龍翔を演じた溝端は、「自由にやらせていただいたのですが、とんでもないクズの役だったので、すごくやりがいがあって楽しかったです!」と爽やかな笑顔を見せた。

以前にも漫☆画太郎の作品を映画化している山口監督は、本作の実写化のきっかけを問われると、「(漫☆画太郎の作品では)一番難しい原作だと思って、なかなか触れられないなと避けてきたんですが、プロデューサーの方に『やりたいんだけど』と説得されて」と背景を説明。本作の見どころを訊かれると、「今まで見たことがないこの3人(松山・倉科・溝端)の姿を見ることができると思います。ちょろちょろ写真でも出ていますが、あれ以上のことが映画では起こりますし、特に溝端くんは、とんでもないことになったりするので。エンドクレジットの後もまだちょっとあるので、席を立たないで、ぜひともご覧になってください」と語った。

飛び入り参加の鈴木拓

飛び入り参加の鈴木拓は終始笑顔

当日は、本作に出演しているものの、舞台挨拶には参加する予定がなかったおおかわらの相方・野田と、映画には一切出演していない鈴木拓も登壇。おおかわらと野田にとって事務所の先輩である鈴木は、「お話をいただいた時は、俺の作風に合うのかと思ったんですけど…」とあたかも自身が監督しているかのように語り、会場の笑いを誘っていた。

乱入者とも仲良く記念撮影!

乱入者とも仲良く記念撮影!

(取材・文:岸豊)


映画『珍遊記』

2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー

出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧
監督・編集:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプIII」(VAP)
制作プロダクション:DLE
配給:東映
製作:「珍遊記」製作委員会(DLE/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/東映/木下グループ/SDP/東映ビデオ)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST