映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』:日本人キャストTAOの場面写真が解禁!

あ

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 (C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

誰もが知る2大ヒーローによる世紀の対決を描く、究極のエンターテイメント超大作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が3月25日(金)より日米同時公開を迎える。公開まで一ヶ月を切った現在、YouTubeの関連動画再生回数は1億5千万回を超えるなど、世界中で期待が高まり続けている本作から新たな場面写真が解禁され、本作に唯一登場する日本人女優TAOの姿が明らかになった。

TAOは、14歳の時に日本でモデルデビュー。その後パリコレをはじめ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークとファッションモデルとして世界中で活躍してきた。2009年には、アジア人では異例となるラルフローレンの広告モデルにも選ばれるなど、アジアを代表するモデルの1人として知られている。2013年には、『ウルヴァリン:SAMURAI』のヒロイン“マリコ”役に大抜擢され、ハリウッド映画デビューを果たす。その後もテレビシリーズ等への出演をこなし、ついに2016年最大の超大作である本作への出演を射止めた。

本作への出演についてTAOは、「全世界で人気の2人のスーパーヒーローが初めてスクリーンで対決するという歴史的な超大作に出演でき、信じられないくらい嬉しかったです、本当に光栄に思いました。監督が私のモデル時代のある写真がすごく気に入ったようで、そこからインスパイアされ、劇中では黒縁のメガネをかけています」と語っている。

彼女の役どころは、バットマン(ベン・アフレック)とスーパーマン(ヘンリー・カビル)の影で不穏な動きを見せる謎の男、レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)の秘書、マーシー・グレイブス。彼女が本作でどのような立ち回りを見せてくれるのか、そのヒントは、既に公開された予告編に隠れている。暗躍するレックス・ルーサーの計画のキーとなるであろう謎の物体を運ぶ彼女は、凛とした強さの一方でどこか危なげな印象を醸し出しており、2大ヒーローの衝突に何らかの影響を及ぼす役どころであることは間違いなさそうだ。日本からハリウッドに羽ばたいたTAOが見せる怪しげな魅力を、是非劇場で目撃して欲しい。


映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

3月25日:3D/2D/IMAX公開

監督:ザック・スナイダー 脚本:クリス・テリオ and デイビッド・S・ゴイヤー 製作:チャールズ・ローブン、デボラ・スナイダー
製作総指揮:クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス、ウェスリー・カラー、ジェフ・ジョンズ、デイビッド・S・ゴイヤー
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、
ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ベン・アフレック

生年月日1972年8月15日(46歳)
星座しし座
出生地

ベン・アフレックの関連作品一覧

クリストファー・ノーラン

生年月日1970年7月30日(48歳)
星座しし座
出生地英・ロンドン

クリストファー・ノーランの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST