『ヘイトフル・エイト』と一緒に観たい!おすすめサミュエル・L・ジャクソン映画5選!―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

Q・タランティーノの最新作『ヘイトフル・エイト』がついに公開!メインキャラの賞金稼ぎ、ウォーレンを演じるサミュエル・L・ジャクソンのノリノリの演技も見どころな本作ですが、今回はこの偉大なるカメレオン俳優の個性的すぎる出演作をご紹介します!

サミュエル&タランティーノコンビによる最高傑作!

  パルプ・フィクション

パルプ・フィクション

好評レンタル&発売中

Q・タランティーノによる異色のバイオレンス・アクション。盗まれたトランクを取り戻そうとするギャング、ビンセントとジュールス。ボクシングの八百長を行ったボクサーのブッチ。この3人の物語がラストに向けて収束していく…

【サミュエル・L・ジャクソンのPoint】
サミュエル・L・ジャクソンは過去何作もQ・タランティーノの作品に出演しているのですが、その中で最も印象的なキャラクターが、ジョン・トラボルタ演じるヴィンセントとコンビを組む殺し屋ジュールス・ウィンフィールド!

本筋と関係のない会話を続け、一見すると殺し屋には見えない振る舞いを見せる彼ですが、自分たちのボスをコケにしたチンピラに対しては容赦なく銃の引き金を引く!

特に、殺す前にサミュエル氏独特の野太い声で放たれる聖書の一節の暗唱シーンは最高にクール!(実際の聖書にこの一節は存在せず、元ネタは千葉真一の映画のセリフ)

サミュエル氏とタラ氏の共作とも呼べる、この映画史に残る魅力的なキャラを本作で堪能してください!

⇒作品紹介・レビューを見る

テロリストのリーダーなのに殺人が苦手…!?

  キングスマン

キングスマン

好評レンタル&発売中

どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する国際的なスパイ組織“キングスマン”のエージェント、ハリー。ある日殺されたエージェントの欠員を補充するためハリーは貧困地区の若者エグジーをスカウトする。

【サミュエル・L・ジャクソンのPoint】
過去のスパイ映画の魅力を押さえながら、新しい挑戦に満ちた新時代のスパイ映画『キングスマン』。本作でサミュエル・L・ジャクソンは人間の存在自体が地球にとって悪影響であるという主張をするエコ・テロリスト、リッチモンド・ヴァレンタインを演じます。

天才で大金持ちなだけでなく、オシャレな服装と美しくかつ恐ろしい秘書をも持ち合わせた彼は、自社製品のスマホにウイルスを仕込み、人を互いに殺しあわせることで人類の数を減らそうとたくらむ極悪人!

なのに…なのに! 彼は人殺しが苦手!(苦笑)このくだりはかなり笑わせてくれます!

極悪さも地球を愛するゆえ、という複雑な(いやめんどくさい)役柄を実に楽しそうに演じていますよ!

⇒作品紹介・レビューを見る

結果にコミットするバスケ部コーチ、サミュエル氏!

  コーチ・カーター

コーチ・カーター

好評レンタル&発売中

高校のバスケチームを立て直すためOBで名選手だったケン・カーターがコーチとしてやってくる。彼ははじめに選手たちとある契約を交わす。それは学業での成績向上と規律ある生活態度を守らせるというものだった。

【サミュエル・L・ジャクソンのPoint】
ギャングやらテロリストやら物騒な役柄だけでなく、高校のバスケチームのコーチもそつなくこなせるのがサミュエル氏の魅力!「弱小スポーツチームを立て直すコーチ映画」、は様々名作がありますが、本作もこのジャンルの映画の中でも屈指の出来です!

実在するコーチ、ケン・カーターをサミュエル氏は得意のカリスマ感全開(威圧感全開とも言う…)の演技で再現し、原理原則を厳しく教えこみながら生徒たちを人として成功させるための道筋を作っていきます。

ブレない、筋の通った男を演じさせたら右に出るものはいない!コーチ・サミュエル氏に泣かされること必至の作品です!(ブレイク前のチャニング・テイタムにも注目!)

⇒作品紹介・レビューを見る

サミュエルが弾き語り!

  ブラック・スネーク・モーン

ブラック・スネーク・モーン

好評レンタル&発売中

妻に逃げられ、孤独な日々を送る初老の男ラザラスは、ある日、道端に倒れている半裸の若い女性レイを保護する。彼女の心に深い闇を見出したラザラスは、レイを鎖で縛り付け、荒療治を開始する。

【サミュエル・L・ジャクソンのPoint】
セックス中毒の女性、レイを救うため、サミュエル氏演じる男ラザラスは彼女を監禁。そして神の教えに従いながら人としてのまっとうな生き方を教えこんでいきます。

設定はとんでもなくヘンテコだし、監禁がテーマの暗くてエグい作品かと思いきや、実はストレートに愛やコミュニケーションの大切さを教えてくれる良作!

その中でもサミュエル氏がギラッギラに輝くのは”弾き語り”シーン!アメリカ南部で誕生したブルース。彼はブルースの本質であるアフリカ系アメリカ人の悲哀や苦悩、そして愛をアツく弾き語ります。そのパワフルな歌唱を聴くにつれ、レイに変化が訪れる様はグッときます!音楽のパワーと、それに説得力を持たせるサミュエル氏の熱演に感動!

⇒作品紹介・レビューを見る

世界一“Motherf*cker”と言った俳優!それがサミュエル氏だ!

  スネーク・フライト

スネーク・フライト

好評レンタル&発売中

大物ギャング、キムが殺人を犯す現場を目撃したショーンを大陪審で証言させるため、FBIのネヴィルが護衛につく。キムはショーンの口を封じるため、彼が乗ったLA行きの便に大量の毒ヘビを忍び込ませた…。

【サミュエル・L・ジャクソンのPoint】
『ヘイトフル・エイト』までに155本もの作品に出演したサミュエル・L・ジャクソンですが、彼は劇中で、英語の侮蔑語にあたる言葉“Motherf*cker”を人一倍使用することでも知られています!

本作では、飛行機内に放たれた大量の蛇対策に追われる(←なんてバカげた設定なのか!)サミュエル氏演じる主人公が“Motherf*cker”を使用しながらブチ切れるシーンが大人気!(そのシーンが来ると観客から歓声があがる動画や、サミュエル氏の“Motherf*cker”シーンのみを編集した動画などもありますのでぜひ検索を!)

単なる名脇役の域を超えた圧倒的な個性を備えたサミュエル氏に今後もぜひご注目ください!

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:勝地a.k.a.フュリオサの左腕

映画をご紹介させていただくお仕事。宇多丸さん、爆音映画祭の樋口さんとのトークイベントや、おすぎさんのラジオ協力、読売新聞映画紹介、フリペ各紙連載など。発掘良品「100人の映画通」選者。年間約500本鑑賞。新旧、洋画邦画アニメ、ジャンル問わずの雑食です!

勝地a.k.a.フュリオサの左腕のレビュー一覧(Filmarks)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

サミュエル・L・ジャクソン

生年月日1948年12月21日(69歳)
星座いて座
出生地米・ワシントンD.C.

サミュエル・L・ジャクソンの関連作品一覧

クエンティン・タランティーノ

生年月日1963年5月27日(55歳)
星座おひつじ座
出生地米・テネシー・ノックスビル

クエンティン・タランティーノの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST