ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』木梨憲武&室井滋のコメント入り日本版予告が完成 !

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『ファインディング・ドリー』より (C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

1986年のスタジオ設立以来、数々の感動と胸躍る冒険の物語で世界中を魅了し続けてきたディズニー/ピクサーの傑作『ファインディング・ニモ』『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』など、日本でも広く親しまれているピクサー映画の中でも、同作の人気は社会現象を巻き起こし、日本での興行収入はピクサー史上No.1の110億円を記録した。

そんな『ファインディング・ニモ』のその後を描いたピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が、7月16日(土)に公開を迎える。本作で描かれるのは、ニモとマーリン親子の親友で、忘れんぼうの“ナンヨウハギ”ドリーのお話だ。

今回、ニモのお父さんマーリン役の声優を務めた木梨憲武と、ニモとマーリンの親友で忘れんぼうのドリー役を務めた室井滋の声が収録された、本作の日本語吹替版の予告編がついに完成した。さらに、木梨と室井からメッセージ映像も到着。2人は、「今回はドリーが主役で夢みたい!前作よりもスケールアップしています!」(室井)、「いつかいつかとこの日が来るのを待っていました!パート3は『ファインディング・マーリン』かもしれません!」(木梨)とメッセージを寄せている。

予告編は、ニモとマーリンが眠っているシーンからスタート。「あー!そうだったー!」と<家族の思い出>を思い出したドリーは、「ねぇねぇ!私のパパとママってどこに居るんだろう!」と大はしゃぎ。そんな<家族の思い出>の謎を求めて、ドリー、ニモ、マーリンは大冒険に繰り出す。映像には、前作でドリーとマーリンを助けてくれたウミガメのクラッシュの親子も登場。東京ディズニーシーのアトラクション「タートルトーク」も人気を博している彼に「準備はいいかい?」と促されたマーリンは、「ちょっと待ったぁーー!」と大絶叫⁉

ドリーの家族を探す3匹には、どんな大冒険が待っているのか? 忘れんぼうのドリーにはどんな秘密があるのか? 13年ぶりの懐かしい声だけでなく、本編の完成が楽しみになってしまう予告編に仕上がった。また、予告編に併せて解禁されたポスターでは、ドリーに寄り添うニモ、ドリーを心配そうに見つめるマーリン、そして全然違う方を見ているドリーと、3匹のキャラクターがしっかりと表現されている。


映画『ファインディング・ドリー』

7月16日(土) 全国ロードショー!

監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:Finding Dory
日本語版声優:木梨憲武(心配性なニモのお父さん・マーリン役)、室井滋(ニモとマーリンの親友で忘れんぼう・ドリー役)
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

木梨憲武

生年月日1962年3月9日(56歳)
星座うお座
出生地東京都世田谷区

木梨憲武の関連作品一覧

ジョン・ラセター

生年月日1957年1月12日(61歳)
星座やぎ座
出生地アメリカ・カルフォルニア州ハリウッド

ジョン・ラセターの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST