注目のチーム分け発表に、米倉涼子も役名を忘れるほど大興奮!―映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』プレゼン・レポート

左から、キャプテン・アメリカ、ネイト・ムーア、米倉涼子、アイアンマン

左から、キャプテン・アメリカ、ネイト・ムーア、米倉涼子、アイアンマン

3月22日(火)、全世界の映画ファン待望のマーベル・スタジオ最新作で、4月29日(金)に公開を迎える『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の製作総指揮を務めたネイト・ムーアが緊急来日し、日本版予告編を交えたプレゼンテーションを都内で行った。

魅力的なプレゼンを披露したネイト・ムーア

魅力的なプレゼンを披露したネイト・ムーア

本作では、アベンジャーズの活動を巡って仲違いした、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)とアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、それぞれが率いるチームの対決が描かれる。登壇したムーアは、アベンジャーズの戦いが民間人の犠牲を生んでしまったことによって、国際的な政府組織の介入が生じ、アベンジャーズの活動が制限されてしまったことが、両者が袂を分かつ原因だと説明。

当日はキャプテン・アメリカも登場!

当日はキャプテン・アメリカも登場!

そして、アベンジャーズが政府の管理下に置かれることを支持するアイアンマンと、組織に裏切られた過去を持つが故に反対するキャプテン・アメリカが決裂した後、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に登場したキャプテン・アメリカの親友ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)がテロ容疑で指名手配されてしまい、それぞれのチームが彼の行方を追うことになると補足した。

その後ムーアは、本作の日本版予告編を初公開し、それぞれのチームに加わるメンバーを明らかにした。キャプテン・アメリカのチームに加わるのは、ウィンター・ソルジャー、元空軍兵士で人工翼を駆使して戦うファルコン(アンソニー・マッキー)、地上最強の射手ホークアイ(ジェレミー・レナー)、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』で新登場したテレキネシスの使い手スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)、そして身長1.5㎝となって戦う史上最少のヒーロー:アントマン(ポール・ラッド)だ。

ポーズを取るアイアンマン

アイアンマンも駆けつけ、ポーズを披露

一方、アイアンマンと共に戦うのは、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で誕生した人造人間ヴィジョン(ポール・ベタニー)、アイアンマンの親友で米空軍大佐のジェームズ・“ローディ”・ローズ(ドン・チードル)、小国ワカンダの王子で超人的な戦闘力を誇るブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)。さらに予告編のラストでは、新たなスパイダーマン(トム・ホランド)の姿も確認できた。彼は、キャプテン・アメリカたちを傷つけずに捕らえるため、アイアンマンによってチームにスカウトされたのだという。アベンジャーズ入りが期待されていたスパイダーマンが、どんな戦いを繰り広げるのかは定かでないが、彼の登場シーンはとてもクールに仕上がっている。

興奮と緊張のあまり、役名を忘れてしまった米倉涼子

興奮と緊張のあまり、役名を忘れてしまった米倉涼子

当日は、ヨハンソンが演じるブラック・ウィドウの日本語吹き替え版ボイスキャストを務める米倉涼子も登場。興奮と緊張のせいか、自身の役名を忘れてしまうという一コマもあったが、キャプテン・アメリカとアイアンマンの戦いについては、「アベンジャーズも含め、同じチームで働く戦友である仲間たちが、今度は対立しなければならないと伺って、とても複雑な気持ちでいっぱいです」と感慨深げにコメント。続けて、「理性で動くアイアンマンと、感情で動くキャプテン・アメリカが、互いにどうやって動いていくのかが、本作の見どころになるのかなと思っていますね」と語った。

自身が演じるブラック・ウィドウが、キャプテン・アメリカではなくアイアンマンのチームに加わることについては、「前作(『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』)では、とても親密というか、キャプテン・アメリカと良い関係にあったので、アイアンマン側に付くというのは、ちょっと違和感はあるんですよね」と困惑気味。そして、ブラック・ウィドウの中にある、「弱い者のために戦う」という性質が、アイアンマン側に付いた要因になったのではないかと推察した。

キャプテン・アメリカとアイアンマンは、どんな戦いを繰り広げるのか?

キャプテン・アメリカとアイアンマンは、どんな戦いを繰り広げるのか?

最後にムーアは、公開を待ちわびる日本のファンに向けて、「数週間後に、スパイダーマンやアントマン、ブラックパンサーといった新キャラクターがマーベル・(シネマティック・)ユニバースに加わった本作を皆さんにお届けできることに対して、最高に興奮しています。我々は本作が、恐らく今まででベストの作品だと考えています」とアピール。ムーアは拍手に送られながら米倉と共に降壇し、大盛況のプレゼンテーションは幕を閉じた。

(取材・文:岸豊)


映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

4月29日(金)ロードショー

原題:Captain America : Civil War
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ

出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/セバスチャン・スタン/アンソニー・マッキー/ドン・チードル/ポール・ベタニー/エリザベス・オルセン/チャッドウィック・ボーズマン/ポール・ラッド
全米公開:2016年5月6日
公式サイト:Marvel-japan.jp/Civilwar
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST