鏡開きでディカプリオのオスカー受賞をお祝い! 会場にはエイドリアン・ブロディの姿も―映画『レヴェナント:蘇りし者』ジャパンプレミア

特大の升を手に

特大の升を手に

本日昼間に行われた来日記者会見では、本作について多くの想いをしっかりと語ったレオナルド・ディカプリオ。夜には、オスカーを受賞した彼をひと目見ようと、多くのファンが詰めかけた六本木ヒルズアリーナに登場。今回の受賞の喜びを分かちあった。

割れんばかりの大歓声で迎えられたディカプリオは「『レヴェナント:蘇えりし者』を携えて来れたことを嬉しく思う」と笑顔で挨拶。オスカーを受賞したことについては「この作品は今までのものと違って画期的。ロケ地も過酷だったし、CGはほとんど使っていない。映画が特別なのは、観てもらえれば体感してもらえると思う」と自信たっぷりにコメント。

ファンに向けて挨拶

ファンに向けて挨拶

また、たくさんのファンが詰めかけたことにも「長年応援してくれてありがとう。もう20年以上になるけど、本当にありがたく思うよ」と感謝の言葉を伝えた。そんな中、レッドカーペットでのファンとのふれあい(悲鳴のような歓声が止むことはなかった)はもちろんのこと、映画のヒット祈願とディカプリオのオスカー受賞を、日本伝統の鏡開きでお祝い。

会場に詰めかけたファンらの「コングラチュレイション、レオ!」コールに併せて酒樽に木槌を振り下ろした。豪快に、ではなく、ちょこんと優しく樽を叩いたディカプリオは「あまり強く叩くとl中身が飛び出してくると思ってちょっと怖かったよ」と感想も。その後はファンと一緒に記念撮影もするなど、メモリアルなイベントとなった。

豪快に叩きつけるのではなく、その後の衣装のことまで気にかけるレオ

豪快に叩きつけるのではなく、その後の衣装のことまで気にかけるレオ

ちなみに会場にはなぜかエイドリアン・ブロディの姿も。熱狂的なファンに呼びかけられレオに負けじと(?)紳士的にサービスをしていた。

  • ファンに手を振るディカプリオ
  • 手を振れば大歓声が返ってくる
  • ファンサービス
  • ファンサービス
  • 祝いの酒樽
  • 酒樽とレオ
  • 参加したファンに配られた升
  • ディカプリオを見守るエイドリアン・ブロディ(左手前)

映画『レヴェナント:蘇えりし者』
2016年4月 TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス、アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影:エマニュエル・ルベツキ, ASC/AMC
オリジナル・ミュージック:坂本龍一 アルヴァ・ノト
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラック

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

レオナルド・ディカプリオ

生年月日1974年11月11日(43歳)
星座さそり座
出生地米・カリフォルニア 

レオナルド・ディカプリオの関連作品一覧

エイドリアン・ブロディ

生年月日1973年4月14日(45歳)
星座おひつじ座
出生地米・ニューヨーク

エイドリアン・ブロディの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST