ディズニー最新作『ズートピア』で上戸彩と共演のサバンナ高橋、ドーナツ好きが起用の理由!?

左から、

左から、上戸彩、バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督、クラーク・スペンサー、高橋茂雄

ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ズートピア』が4月23日(土)に公開を迎える。その公開をおよそ1か月後に控えた3月24日(木)、本作のメガホンを取ったバイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督、プロデュースを務めたクラーク・スペンサーが来日し、日本版のボイスキャストを務めた女優の上戸彩、高橋茂雄(サバンナ)と対面した。

本作は、動物が人間のように暮らす社会を舞台に、新米警官のウサギ:ジュディ・ホップスと、詐欺師のキツネ:ニック・ワイルドが、謎の失踪を遂げた動物たちの行方を追う姿を描く作品。上戸は主人公のジュディ役を、高橋はジュディが配属された警察署の受付係として働くチーター:クロウハウザー役を務める。

上戸彩

上戸彩

上戸はジュディ役が決まった時を振り返って、「お話をいただいたのが昨年の夏ごろになるんですが、ちょうど私に新しい家族が増えた時期だったんです。家族に自慢できると思って、すごく有難い気持ちと共に、お話をお受けさせていただきました」とコメント。

一方の高橋は、「ディズニーの映画が決まったんですと聞いた時は、職業柄、『はっ…。ドッキリやな!』と思ってしまったんです(笑)。だから、いつネタ晴らしされてもリアクションを取れるような覚悟で行ったんですが、本当にスタジオに入って、(ようやく)実感が沸いて、嬉しかったです」と当時の心境を明かした。

b

高橋茂雄

自分の夢を諦めずに叶えるジュディに絡めて、今後挑戦したいこと、叶えたい夢を訊かれた上戸は、「今思い浮かぶのは、『ズートピア』が大ヒットしてくれること」とお手本のような回答。上戸から「もっといいこと言ってください」と厳しい振りを受けた高橋は、「環境が変わった時のことを思い出したので、初心を忘れずにいたいなと強く思ったんですね。クロウハウザーが周りの人に愛されていて、みんなに愛でられているような感じなので、僕もずっとみんなに愛される、そんな人になれたらいいなと思ってます」と語った。

高橋の起用理由についてムーア監督は、クロウハウザーがドーナツ好きであるのと同様に、「(高橋も)大のドーナツ好きと聞いたから」と冗談交じりに説明。これを聞いた高橋は、「日本のマスコミの皆さん、僕がドーナツを食べている姿を見たことないのをばらさないでください(笑)!」とお願いして笑いを誘った。

ノリノリな一同

ノリノリな一同の中でも、ムーア監督は群を抜いていた

記者会見では、金管五重奏バンドのズーラシアンブラスが登場し、本作の主題歌「トライ・エブリシング」を演奏する一コマも。一同は大盛り上がりで、中でも一番ノリノリだったムーア監督は、「大好きです!こういう曲を聴いて育ったんですよ」と大満足の様子。

最後には、「これから4月になって、色々な新生活を始める人は、どの世代の方でも共感できる素晴らしい映画だと思うので、ぜひご家族で見に来ていただけたら」(高橋)、「動物らしいモフモフの毛の動きだったり、一つ一つのアニメーションを、お子様の皆さんには楽しんでいただけると思いますし、弱肉強食の世界でも、偏見の目を持たず、みんな仲良くしようという内容は、大人の方の心にも刺さると思います」(上戸)と日本のファンへ向けてメッセージが送られ、一同は笑顔で降壇した。

大ヒットを祈った

キャラクターのぬいぐるみを持つ一同

(取材・文:岸豊)


映画『ズートピア』
2016年4月23日(土)全国ロードショー

製作総指揮:ジョン・ラセター 製作:クラーク・スペンサー
監督:バイロン・ハワード『塔の上のラプンツェル』/リッチ・ムーア『シュガー・ラッシュ』
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン/©2016 Disney. All Rights Reserved.

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST