『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』と一緒に観たい探偵映画5選!(邦画編)―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

劇場版「名探偵コナン」の記念すべき20作品目となる『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』がついに公開! コナンと黒ずくめの組織の激突が期待される新作です!そんな江戸川コナンに負けない、日本の“名探偵映画”をご紹介します!

探偵界の日本代表筆頭! 金田一耕助!

  犬神家の一族

犬神家の一族

好評レンタル&発売中

旧家の名士犬神佐兵衛の遺言状が公開されるが、莫大な遺産の相続者は佐兵衛の恩師の孫娘である野々宮珠世と結婚した者と記されていた。3人の孫はそれぞれ珠世を我が物にしようと企むが、それは連続殺人事件へと発展していく……。

【名探偵映画のPoint】

横溝正史が生んだ日本を代表する名探偵、金田一耕助!その金田一シリーズの原点的作品であり、同時に角川映画の記念すべき第1回作品にもあたるのが本作です。小説の怖さや、完成度の高いミステリー性を市川崑監督がみごとに映像化しています。

そして本作が後世に残る傑作たらしめた最大の要素こそ、「金田一耕助のキャラクター造形」に他なりません!一見すると不潔そうでがさつでボンクラ感な風貌やファッションなのに、いざ推理となると、ロジカルさと誰も思いつかないようなアイデアを積み重ね、みごとに真実を暴く一流の探偵となる! この魅力的な探偵像は後の作品群に大きな影響を与えました。

とっつきやすさでは06年のリメイク版もオススメです! でもやっぱり魅力的な坂口良子が観れる76年の石坂浩二版の本作は外せません!

⇒作品紹介・レビューを見る

通称ガリレオ。大学准教授にして「実におもしろい」名探偵、湯川学!

  真夏の方程式

真夏の方程式

好評レンタル&発売中

湯川は海辺の町の開発計画の説明会にアドバイザーとして招かれ、川畑夫妻と娘、成実が営む旅館に滞在することに。彼はそこで預けられていた少年、恭平と出会い、心を通わせていく。そんな中宿泊客の元刑事が変死体となって発見される。

【名探偵映画のPoint】

「実におもしろい」などの名言でも知られ、物理学の知識を最大限に発揮し、ロジカルに犯人を追い詰める大学准教授、湯川学。TVドラマシリーズ「ガリレオ」の劇場版2本目にあたる本作では、クールで理性的な湯川像とは一味ちがう、「人間・湯川学」を味わうことができます!

劇場版の前作『容疑者Xの献身』でも、TVドラマシリーズとは少し違う彼の人間的魅力が伺えましたが、本作では少年とのひと夏の交流、というある意味鉄板であり、同時に美しい海辺の町を舞台に沿えたことで、俳優・福山雅治としての「画の映え方」が素晴らしく際立つ作品にもなっています。共演の杏の健康的な魅力が全開のキャラもいいアクセントです。

探偵が本職でないからこそ訪れる、センチメンタルなラストは必見!

⇒作品紹介・レビューを見る

「あのー犯人わかっちゃったんですけど」とのたまう天才&天然刑事! 柴田純!

  ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

好評レンタル&発売中

迷宮入り事件の継続調査を行なう捜査一課弐係に新係長・柴田が赴任し、15年前に沈没した漁船の調査を開始した……。刺激的でスタイリッシュな映像が人気のTVドラマの劇場版。

【名探偵映画のPoint】

未解決事件の捜査を担当する警視庁捜査一課二係に配属となった東大卒のキャリア組の新米刑事、柴田純(中谷美紀)。情報が揃った時点で誰よりも早く犯人を見つけ出し「あのー犯人わかっちゃったんですけど」とつぶやく彼女に、周囲のメンバーは唖然!観客も呆然!

次々難事件を解決するTVシリーズから、スペシャルドラマを経由してたどり着いた劇場版は、シリーズ全話に繋がる共通の敵にまつわるクライムサスペンス的側面と、当時ブームのピークだった「新世紀エヴァンゲリオン」的精神世界のごった煮というトンデモ映画!(そんな世界観でも柴田のオリジナル性はひたすら際立つ!) また、真山警部補(渡部篤郎)とのコンビは刑事ドラマ史に残る魅力的なバディ感! 萌え~。

⇒作品紹介・レビューを見る

陰陽師が憑物を落とし、犯人を見つける!“京極堂”こと、中禅寺秋彦!

  姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏

好評レンタル&発売中

産婦人科の院長の娘・梗子が20ヶ月も身籠もったままで、彼女の夫・牧朗は1年半前に密室から失踪したという。事件を取材することになった小説家・関口は、“憑物落とし”の顔を持つ古書店主・京極堂こと中禅寺秋彦に相談を持ちかける。

【名探偵映画のPoint】

京極夏彦原作のベストセラー小説『姑獲鳥(うぶめ)の夏』は、小説の構成や衝撃的なラストによって長らく“映像化不可能”と言われていました。そんな中、この難題に過酷に挑戦したのが実相寺昭雄!

彼は江戸川乱歩による、金田一耕助と肩を並べる名探偵、明智小五郎の初登場作である『D坂の殺人事件』映画化を成功させており、本作でも大正、昭和を舞台にした日本の推理小説の雰囲気を独特の歪んだカメラワークと照明、当時を再現した美術によってみごとに表現しています。

古本屋の店主にして陰陽師。博覧強記ぶりを発揮しながら事件という名の”妖怪”を退治し”憑物”を落とす。奇妙にして最強の探偵、中禅寺秋彦は続編の『魍魎の匣』でも大活躍!大ボリュームの小説と合わせて京極堂シリーズを堪能すべし!

⇒作品紹介・レビューを見る

探偵に重要なのは「バディ」! 探偵・松田優作&バディ・薬師丸ひろ子!

  探偵物語

探偵物語

好評レンタル&発売中

赤川次郎の同名小説を原作に、根岸吉太郎が監督した青春映画。殺人事件の調査を通じて少女が大人に成長していく姿を描く。薬師丸ひろ子と松田優作の「年の差」プラス「身長差」カップルが話題に。ラストのキスシーンも印象的。

【名探偵映画のPoint】

「尾行も満足にできない、ドジな探偵さん」(by 薬師丸ひろ子)を松田優作が演じ、主人公のヒロインを当時トップアイドルの絶頂だった薬師丸ひろ子が演じ、話題となった作品です。

探偵もののキモは、なんといっても魅力的な「バディ(相棒)」! 本作では相棒でありながら、お互いに少しずつ惹かれ合っていくカップルとしても描いている異色作。

ミステリーとしての阪神探しやオチよりも、この魅力的な2人の行く末のほうが気になって仕方ない!それくらいこのバディ感全開の2人が際立っており、脂が乗りきったスターとしての魅力がスクリーン全体に広がっています。

犯人が誰かなんてことよりも、ラストのキスシーンのほうがよっぽど衝撃的な作品! きっと『ユージュアル・サスペクツ』よりドキっとするはずw

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:勝地a.k.a.フュリオサの左腕

映画をご紹介させていただくお仕事。宇多丸さん、爆音映画祭の樋口さんとのトークイベントや、おすぎさんのラジオ協力、読売新聞映画紹介、フリペ各紙連載など。発掘良品「100人の映画通」選者。年間約500本鑑賞。新旧、洋画邦画アニメ、ジャンル問わずの雑食です!

勝地a.k.a.フュリオサの左腕のレビュー一覧(Filmarks)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきのおすすめ映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST