【連載第2回】2016年は空前絶後のアメコミイヤー! HARD & COOL! DCヒーローにFocus!!

多数のアメコミ映画が続々と公開される'16年。スーパーマンやバットマンを生んだDCコミックスのヒーローたちの魅力を知って、アメコミイヤーを満喫しよう!

[DC's ヒーロー vol.2]人類を救う異星人 スーパーマン

人類を救う異星人 スーパーマン

※『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より

生後すぐに、崩壊しゆく惑星クリプトンから地球へと放出される。地球では太陽光が母星と異なる影響から超人化。母星での名はカル=エル、地球では養父母の子としてクラーク・ケントを名のる。普段は新聞記者で、非常時は変身して飛行能力や怪力を人々のため役立てるが、その力を危ぶむ者もいる。

DATA

本名:クラーク・ケント、カル=エル
表の顔:デイリー・プラネット新聞社記者
パートナー:スーパーガール
能力:怪力、飛行力、透視、熱線、タイプライター早打ち

イケメンばかり! 歴代スーパーマン俳優

'78年製作版『スーパーマン』のリーヴは原作の爽やかイメージを再現し、大人気に。『SMALLVILLE ヤング・スーパーマン』のウェリングらも同じ路線だが、カヴィルは少し陰のあるスーパーマン像を打ち出した。

クリストファー・リーヴ

クリストファー・リーヴ

トム・ウェリング

トム・ウェリング

ブランドン・ラウス

ブランドン・ラウス

ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル

[DC's ヴィラン vol.2]スーパーマンの父の敵 ゾッド将軍

スーパーマンの父の敵 ゾッド将軍

※『マン・オブ・スティール』より

カル=エルの父を殺し、反逆を企ててクリプトン星を追放されるが、逆に惑星崩壊に巻き込まれず生き延びる。クリプトン人再興のため地球を乗っ取ろうとし、スーパーマンと対立。両者の戦いは地球に甚大な被害を与え、スーパーマンを憎む人も生んだ。

[DC's トリビア vol.2]スーパーマンの胸のマーク

胸のマークは、地球人には文字の「S」に見えるためスーパーマンと呼ばれたが、実際は「希望」を意味するエル家の家紋。スーパーマンは家紋付きの正装で活躍していたわけだ。万能に見えるスーパーマンの弱点は、クリプトン星の緑色の鉱物“クリプトナイト”。これに触れると力を失う。

[DC Hot Topic]
大ヒット公開中! 2大ヒーロー対決の先に待つものは
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

人類を救ったスーパーマン(カヴィル)の強大過ぎる力に、不安の声も上がり始める。犯罪者と戦う闇のヒーロー、バットマン(ベン・アフレック)もスーパーマンを危険視し、戦いを挑む。その激突の裏では、企業家レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)が不穏な動きを見せていた。バリエーション豊かにスケールアップしたアクションと、想像を絶する衝撃の展開にド肝を抜かれる!

'16年・米
監督・原案/ザック・スナイダー
製作総指揮/クリストファー・ノーラン
出演/ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット、ダイアン・レイン
ワーナー・ブラザース映画配給

運命の戦いを目撃する女たち

スーパーマンの恋人:ロイス・レイン(エイミー・アダムス)

スーパーマンの恋人:ロイス・レイン(エイミー・アダムス)

スーパーマンの恋人で、クラーク・ケントと同僚の敏腕記者。スーパーマンがクラーク・ケントだということを知っている。

スーパーマンの養母:マーサ・ケント(ダイアン・レイン)

スーパーマンの養母:マーサ・ケント(ダイアン・レイン)

スーパーマンの地球での育ての母。悩む息子を優しく包み、アドバイスをする。バットマンの実母の名前もマーサ。

幻の種族の王女:ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)

幻の種族の王女:ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)

100年以上も歴史の影で活躍してきた謎の女。超人類=メタヒューマンの一人として、レックスに目をつけられていた。

[Playback DC Movie/TV!]

『スーパーマン』

日本を含む世界中で大ヒットした'78年版

『スーパーマン』

『スーパーマン』

アメコミヒーロー映画のお手本とされる名作。スーパーマン誕生を壮大なスケールと豪華キャストで描いた。品格あるクラーク・ケント像も魅力だ。

⇒作品紹介・レビューを読む

『ダークナイト』

“ダークナイト”3部作を伝説にした第2作

『ダークナイト』

『ダークナイト』

ダークな世界観を構築し、アメコミ映画史においても最高峰とされる。ジョーカー役のヒース・レジャーが第81回アカデミー賞助演男優賞を受賞。

⇒作品紹介・レビューを読む

『THE FLASH/フラッシュ』

『ジャスティスの誕生』に顔見せ!

『THE FLASH/フラッシュ』

『THE FLASH/フラッシュ』

超高速で走る能力を持つ若者が活躍するTVシリーズ。DCヒーローチーム“ジャスティス・リーグ”のメンバーの一人。映画版が'18年に全米公開予定。

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC (C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc.and Legendary Pictures Funding, LLC.

(文:杉山すぴ豊)

>【連載第1回】2016年は空前絶後のアメコミイヤー! HARD & COOL! DCヒーローにFocus!!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観ようキャンペーン!

サイトにアクセスして応募すると、抽選でスペシャルグッズが当たる!
●『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』サイン入りポスター … 1名様

期間:~5月19日(木)

応募はこちら

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST