新作映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観るべき3つの理由――予備知識なしで楽しめるアメコミ映画の新スタンダード

(C)2016 Marvel.

(C)2016 Marvel.

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ってどんな映画?

過去に何度となく世界のピンチを救ってきた“アベンジャーズ”。しかし、彼らの活躍の裏で一般市民が巻き込まれ、犠牲になる事実に世界からは非難が噴出。ついに国際的な政治組織の管理下に置かれる事態を迎えてしまう。「市民を危険にさらした」と自責の念にかられる“アイアンマン”ことトニー・スタークが賛成の意を示す一方、「自由と引き換えに、自らの行動に責任を持つべき」と主張する“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャーズは強く反発。両者には埋めがたい溝が生じ…。

観るべき理由:1――予備知識がなくても存分に楽しめる!

『アベンジャーズ』を中心に、その作品世界を日夜拡大中のマーベル・スタジオが放つ待望の新作は、世界平和という共通の目的を持つはずの2大ヒーロー、キャプテン・アメリカとアイアンマンの“まさかの対決”を描く超絶エンターテインメント。同時に、混迷する時代を生きる我々に「正義とは?」「その代償として犠牲は不可避か?」と問題提起する骨太な社会派ドラマの側面も持っている。

ヒーローの対決劇といえば、つい最近では『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が公開されたばかりだが、『シビル・ウォー』はキャラクターの心理描写に深みがあり、緊迫感あふれるストーリーテリングはまるでサスペンス映画。メッセージ性もより鮮明で、たとえ予備知識がなくても存分に楽しめるアメコミ映画の新スタンダードだ。

観るべき理由:2――どっちの言い分も正しい! だからこそ切ない友情と葛藤

超人ヒーロー大集合のお祭りイメージが強い本作。たしかに映画史に残るド派手なアクションが随所に散りばめられており、それだけで大満足だが、その主軸にあるのはキャプテン・アメリカvsアイアンマンという志は同じならも、性格や主張が正反対な二人の男が繰り広げる友情と葛藤のドラマだ。

そもそもキャプテン・アメリカ=スティーブは、第二次大戦中に米陸軍が行った極秘計画が生んだ人間兵器。自由と愛国心を重んじる一方で、組織に裏切られた過去をもち、今回持ち上がった「国際的な政治組織による管理」には不信感を覚えている。

対するアイアンマン=トニーは大企業のトップとしての素顔をもち、組織運営に一定のルールが必要だと考えている。その反面、非常にセンチメンタルな性格ゆえ、いざ自責の念にかられると自らの力を放棄することもいとわないのだ。正直、どっちの言い分も正しい! だからこそ観客は映画を見ながら、心が引き裂かれる切ない思いを彼らと共有できるはずだ。

観るべき理由:3――スパイダーマン、緊急参戦!新シリーズへの完ぺきな“前フリ”

両者の対立が決定的となるなか、トニー・スタークは“大型ルーキー”を自身のチームにスカウト。それが、あのスパイダーマンことピーター・パーカー! 突如目覚めた特殊能力が生み出す“クモの糸”が、人類の命運をかけた壮絶バトルにどう“絡みつく”のか? 映画にはその活躍ぶりはもちろん、トニーがピーターを口説き落とすシーンもあり、ファンならずとも見逃せない。

スパイダーマンを演じるのはイギリス出身の19歳、新進スターのトム・ホランド。そのピュアで初々しい存在感が、近年平均年齢が上がりつつある(!?)最強軍団に新風を吹き込んでいる。そんなホランドが主演を務める“SPIDER-MAN: Homecoming”(原題:スパイダーマン ホームカミング)が2017年夏に日本上陸の予定!『シビル・ウォー』は新たなスパイダーマンのお披露目の場であり、新シリーズへの完ぺきな“前フリ”だ。

(文・内田涼)


映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
4月29日(金)全国ロードショー

原題:Captain America : Civil War
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、チャッドウィック・ボーズマン、ポール・ラッド
全米公開:2016年5月6日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST