映画『帰ってきたヒトラー』を見た観客の25%がヒトラーを支持!

ⓒ2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

映画『帰ってきたヒトラー』より (C)2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

今日に蘇ったヒトラーの姿を描き、これまでに世界中を沸かせてきた映画『帰ってきたヒトラー』。日本における本作の最速試写会で、鑑賞後の観客に「も し映画のようにヒトラーが現代に蘇ったら、あなたは支持すると思いますか?」と質問したところ、なんと25%が「支持する」と答えたという。

本作は、2012年にドイツで発売されると、絶賛と非難の爆風をくぐり抜けて、国内では200万部を売り上げ、世界41カ 国で翻訳されてきた原作小説の映画化作品。主演を務めるのは、無名の実力派舞台俳優オリヴァー・マスッチ。劇中で彼が扮するヒトラーは、ものまね芸人と思われて大人気になるのだが、ある老女に正体を見破られてしまう…。

劇中では、ヒトラーが街に飛び込み、実在の政治家や有名人、果てはネオナチと顔を合わせるという愉快なシーンが盛り沢山。原作とは異なる予測不能な結末も、世界中でセンセーションを巻き起こしてきた。今回の試写会でヒトラー支持を表明した人の中、多数派18%の理由は、「言っていることは間違っていないから」だった。「民衆の望む世界の実現」というスローガンの下、‘鬱屈し た現状の破壊’を声高に発信してくれるヒトラーには、大衆を惹きつけるものがあるのかもしれない。支持者の中には、「知らない間に洗脳されていた」(25歳/学生)、「熱狂に抗う自信がない」(34歳/会社員)、「この人の将来を知らないと支持する側にまわるかもしれないから」(51歳/会社員)と語る人もいたそうだ。


映画『帰ってきたヒトラー』

6月TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST