5月4日は『スター・ウォーズ』の日! 最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』“MAY THE 4th”STAR WARS DAY スペシャルイベント

ゲスト登場のデーブ・スペクター、鈴木杏、はんにゃの金田哲&川島章良

ゲスト登場のデーブ・スペクター、鈴木杏、はんにゃの金田哲&川島章良

日本国内興収は115億円超え、観客動員数736万人突破した、『スター・ウォーズ』新3部作の幕開けとなる最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(J.J.エイブラムス監督)。先日4月27日(水)よりデジタル配信がスタートしていたが、本日5月4日(水)~MAY THE 4TH<スター・ウォーズの日>~に、ついにMovieNEX(Blu-ray+DVD+デジタルコピー)で発売となった(Blu-ray&DVDも同時レンタル開始)。

当日は、映画公開時と同様、スター・ウォーズのコスチュームに身を包んた沢山のファンとともに、記念イベントを開催。ゲストには、スター・ウォーズの大ファンである鈴木杏、デーブ・スペクター、はんにゃ(金田哲、川島章良)の2人が登壇。

『スター・ウォーズ』との出会いやおすすめシーンを聞かれたデーブは「最初の作品(エピソードVI)を観た時は『すごい作品だから』というだけで行った。そしたらいきなりオープニングのあのタイトルですよ! 当時なかったし、何より音楽もすごい。口を開けたまま観てました」と当時を懐かしみながら、「今回で言えばBarのシーンが大好き。一作品もBarのシーンが有名ですよね」と印象的なシーンをピックアップ。

「子供の頃親に勧められて観た」という鈴木は「エピソードVIでC-3POがやたらと崇められているところが大好き」というファンならではのシーンを。また、「中学校の時に『エピソードI』がやっていて。自分は剣道部だったので、それこそ竹刀をダース・モールのライトセーバーみたいにしたりとかしてました」と思い出を語るはんにゃの金田や、相方の川島は「BB-8的な(笑)」とその体型で笑いを取っていく。

さらにイベント途中からはストーム・トルーパー4体とR2-D2、BB-8も合流。R2-D2とBB-8が登場すると、会場のファンからは黄色い声援が飛んだ。

  • 会場に詰めかけたファンのコスプレのクオリティに驚くゲストの面々
    会場に詰めかけたファンのコスプレのクオリティに驚くゲストの面々
  • ファースト・オーダー版のストームトルーパー
    ファースト・オーダー版のストームトルーパー
  • R2-D2登場
    R2-D2登場
  • BB-8の人気ぶりはこのとおり
    BB-8の人気ぶりはこのとおり
  • 舞台に勢揃い
    舞台に勢揃い
  • 会場に詰めかけたファンのコスプレのクオリティに驚くゲストの面々
  • R2-D2登場
  • ファースト・オーダー版のストームトルーパー
  • BB-8の人気ぶりはこのとおり
  • 舞台に勢揃い

また、「ハリソン・フォードが久しぶりにミレニアム・ファルコンを操縦しましたが、自家用機を落とした件があったので大丈夫かなと思った」とキャラクターについてデーブが時事ネタを交えて笑わせたり、「年齢によるけど、最初から観ている人にしたら、キャリー・フィッシャーが出ている驚きもある。懐かしさだけでなく、当時の役者が観られるのも嬉しい」と本作の魅力についてコメントした。

そんな中、MCから「ハリソン・フォードさんからスペシャルメッセージをいただいている」とアナウンスされると再び会場が沸き、日本へ向けて本作の見所と「フォースとともにあらんことを」と鉄板の名言を入れつつメッセージVTRが流された。

ハン・ソロことハリソン・フォードからのメッセージにひときわ大きな歓声が

ハン・ソロことハリソン・フォードからのメッセージにひときわ大きな歓声が

イベントではINSPi(アカペラグループ)、金管9重奏、コーラス隊によるパフォーマンスも行なわれただけでなく、PARCO公園通り広場内の巨大ツムツムバルーンの展示や、渋谷LOFT、SHIBUYA TSUTAYA 、ディズニーストア渋谷公園通り店などをストームトルーパーなどライブキャラクターが回遊し、渋谷駅周辺が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』一色に染まった。

オープニングのスペシャル演奏

オープニングのスペシャル演奏

>『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の記事をもっと読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

キャリー・フィッシャー

生年月日1956年10月21日(60歳)
星座てんびん座
出生地ロサンゼルス

キャリー・フィッシャーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST