曙より全然でかい! 巨大デッドプールトラックがお披露目

 

第64代横綱:曙、巨大デッドプールトラックと一緒に

型破りなアメコミヒーロー映画『デッドプール』が、6月1日(水)より待望の日本公開を迎える。これを記念して、全長9メートル超えという規格外な巨大デッドプールトラックが制作され、そのお披露目式に第64代横綱:曙太郎が登場した。曙の登場は、デッドプールが原作コミックにおいて来日を果たし、相撲部屋に入門して「千代の酒」という四股名をもらっていたというエピソードから実現したという。

めちゃめちゃでかい!

にこやかに語る曙

先日蜂窩織炎で緊急入院したと報道された曙は、入院先の病院から直接イベント会場に来場。体調について聞かれると、「体調はぼちぼちでんな(笑)。痛みはまだ少し残っていますが、大丈夫です」と笑顔を見せた。そして、「どうしても、今日のイベントに出たくて来ました!」とイベントへの意気込みを語り、映画本編については、「めちゃくちゃおもしろかったです。アクションシーンもすごいのですが、ラブストーリーでもあるのでそこが見所です」と絶賛した。

全国初のお披露目となる巨大デッドプールトラックに対して、「どんな感じに出来上がっているかが本当に楽しみです」と期待する曙。MCの掛け声と共に勢いよく幕が取り払われると、コスチュームの材質感や小道具にいたるまで、ディテールに富んだ巨大デッドプールが姿を現した。

引きの画で見るとその大きさは歴然

引きの画で見るとその大きさは歴然

このトラック、デッドプールのフィギュア部分で7m、トラックを合わせた全長は、なんと9m60㎝。身長206㎝の曙はトラックを見上げると、「完璧ですね」とその出来に太鼓判を押した。巨大デッドプールトラックが関西だけでなく、東京、名古屋も走ることを知ると、「そうなの?じゃあぜひ入院している病院にお見舞いに来て!」と笑顔でリクエストして、会場を沸かせていた。

>『デッドプール』の記事をもっと読む


映画『デッドプール』

6月1日(水)全国拡大ロードショー

監督:ティム・ミラー
出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノ
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST