鈴木亮平、ヒーローは「エッチとエロ」―映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶

 

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶より

14日(土)、映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の初日舞台挨拶が実施され、主演の鈴木亮平が、共演の清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ、片瀬那奈、そしてメガホンを取った福田雄一監督と共に登壇。鈴木は「海外のヒーローものに負けない」と本作の出来に自信をのぞかせた。

 

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶より

本作は、女性もののパンティを被ることで超人的な力を発揮する“変態仮面”こと主人公の狂介(鈴木亮平)が見せる活躍(?)を描くアクション・コメディ。主題歌を担当したCTSと南波志帆による生演奏に続いて、一同は登場。マイクを握った鈴木は、撮影前に監督が「最も変態的だ」と考えるフラミンゴと社交ダンスの動きを完ぺきにするよう求められたことを明かした。劇中では、その鈴木が作り上げた二種の動きが存分に活かされているそうで、その一部を即興で柳楽相手に披露すると、会場は大盛り上がり。

 

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶より

ヒロインで狂介の恋人・愛子を演じた清水は、前作に出演したきに、「ふざけたことをまじめにやる」という福田組のコンセプトが全く分からずに出演を終えてしまったそう。「続編には読んでもらえない」と思っていたそうで、ムロから「(新しいヒロインは)例えば誰だと思いますか?」と振られると、「広瀬すずちゃんとか!」とコメント。ムロからの「広瀬すずちゃんは出ない!」という突っ込みに、会場は大きな笑いに包まれた。

 

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶より

一方の柳楽は、自身の役柄が非常に話しにくいとのこと。ただ、劇中で狂介のおいなりさん(狂介の局部)を2回も喰らったそうで、その感想を訊かれると、「不思議ですよね…」と感慨深げにコメントして会場を爆笑させた。どうしても本作を小学生に見てほしかったという福田監督は、映倫からPG-12の指定を受けた前作の反省を踏まえて、本作では「あるセリフ」が一回しか登場しないようにしたことを熱弁。「ファミリー映画です!」と誰もが見れる映画であることを猛アピールしていた。

大学では英語を専攻していた鈴木は、「ヒーローって何だって考えた時に、スペルをよく見ると、エッチとエロ(HとERO)なんですよね」と語り始め、「Hっていうのは、変態の頭文字ですから、変態でエロ、これを満たしているものこそ本物のヒーローなんですよ。そう考えると、これ以上の本物のヒーローはありますか?」と熱弁。最後には、「我々こそが、本物のヒーローである。本物のヒーローを見たいなら、これを見ろ!」と締め、会場からは大きな拍手が起こっていた。

(取材・文:岸豊)

>インタビュー:鈴木亮平、アメコミに対抗できるのは「変態仮面」だけ!?

>『HK』の記事をもっと読む


映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』

大ヒット上映中

CAST
鈴木亮平
清水富美加 柳楽優弥 ムロツヨシ
水崎綾女 皆川猿時 新井浩文 やべきょうすけ 勝矢 足立理 上地春奈 木根尚登 佐藤仁美
片瀬那奈 池田成志 安田顕
監督・脚本: 福田雄一
原作: あんど慶周 「THE ABNORMAL SUPER HERO HENTAI KAMEN」 (集英社文庫コミック版刊)
音楽:瀬川英史 主題歌:CTS「WAVINESS feat.南波志帆」(ユニバーサル ミュージック)
配 給: 東映

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

鈴木亮平

生年月日1983年3月29日(35歳)
星座おひつじ座
出生地兵庫県西宮市

鈴木亮平の関連作品一覧

福田雄一

生年月日1968年7月12日(50歳)
星座かに座
出生地栃木県小山市

福田雄一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST