グランプリ受賞者の生の声を聞く! 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」開催記念トークイベント参加者受付中

(左から)片桐健滋氏、加藤卓哉氏

(左から)片桐健滋氏、加藤卓哉氏

2015年に引き続き、第2回目のエントリーが現在受付中の「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」。TSUTAYAが「次世代のクリエイター発掘」を目指して始まったこの企画だが、その当事者の生の声を聞けるまたとないチャンスがこの度設けられた。

グランプリ受賞者がここだから語れる!?「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」のあれこれ

「君の映画への熱い想いを、TSUTAYAにぶつけNight★」と題されたこのイベントは、TCPの概要説明や、これから映画を創りたい人が映画プロデューサーの久保田修氏および、第1回TCP受賞者(準グランプリの片桐健滋氏、加藤卓哉氏)への質問や意見を交わすというもの。

長い期間を経て作品製作権を勝ち取った2人が語る内容は、同じフィールドを目指そうとする者にとって刺激になることまちがいなし。参加はもちろん無料なので、都合のあう方は是非この機会をお見逃しなく!

イベント詳細

「君の映画への熱い想いを、TSUTAYAにぶつけNight★」Presented by「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」

■応募受付期間:2016年5月18日(水)~2016年5月30日(月)
■日時:2016年6月1日(水)19時00分~20時00分頃
■会場:渋谷ガーデンタワー9F (東京都渋谷区南平台町16-17)
■登壇者:久保田修プロデューサー(代表作『のぼうの城』『るろうに剣心』『ガール』、他)/第1回準グランプリ受賞者 加藤卓哉氏/第1回準グランプリ受賞者 片桐健滋氏

⇒参加申し込みはこちら

TSUTAYA CREATORS' PROGRAMとは

2015年に第1回目を開催したTCPは、クリエイターの発掘と育成を目的に、「良質な映画企画=名作のタネ(映像化可能な企画書)」を募集し、計474作品の応募の中から最終審査会にて、グランプリ1作品、準グランプリ2作品の合計3作品を選出。第1回目の受賞3作品に関しては、CCCグループにて作品完成のための資金・制作体制をバックアップ、2016年末~2017年初旬の完成を目指し、プロジェクトが進行中。

第2回目も前回と同様に、60分以上となる長編の実写映像の企画であれば、プロ・アマ、年齢、性別、国籍、学歴などは一切問わない。応募作品の中から最終審査会にて、グランプリ1作品、準グランプリ2作品の合計3作品を選出し、各作品に5,000万円以上の製作費と制作体制を準備する。完成した作品は、全国のTSUTAYAをはじめ、「TSUTAYA DISCAS」や「TSUTAYA TV」でレンタル、配信展開をする。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016 開催概要

募集期間:2016年4月20日(水)~6月13日(月)
募集内容:実写映像化(長編)可能な作品企画の募集
対象:プロ・アマ、年齢、性別、国籍の制限なし
受賞作品数:グランプリ1作品、準グランプリ2作品を選定
作品完成のための製作費・制作体制をCCCグループがバックアップ
副賞としてTポイント最大50万ポイントとTSUTAYA DISCAS1年間無料権を贈呈
製作費予算:1作品あたり5,000万円~×3作品

エントリーについて

エントリーについての詳細は、特設ページを参照のこと


TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016公式サイト
└概要、応募方法、審査の流れ、よくある質問などはここからチェック

★グランプリ:「嘘と寝た女」/ 中江和仁監督 ※2017年初旬完成予定
⇒中江和仁監督インタビュー

▼準グランプリ:「ルームロンダリング」/ 片桐健滋監督 ※2017年初旬完成予定
⇒片桐健滋監督・梅本竜矢プロデューサーインタビュー

▼準グランプリ:「裏アカ」/ 加藤卓哉監督 ※2017年初旬完成予定
⇒加藤卓哉監督インタビュー

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST