山田涼介が今度は「ハガレン」実写版で主演! 本田翼、ディーン・フジオカらと共演―映画『鋼の錬金術師』2017年冬公開

エドワード・エルリック役の山田涼介/ウィンリィ・ロックベル役の本田翼/ロイ・マスタング役のディーン・フジオカ/ラスト役の松雪泰子/(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

山田涼介が演じるのはエドワード・エルリック/ウィンリィ・ロックベル役の本田翼/ロイ・マスタング役のディーン・フジオカ/ラスト役の松雪泰子/(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

『暗殺教室』『グラスホッパー』の山田涼介を主演に迎えて実写映画化

2001年にスクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」で連載がスタート、2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘の代表作『鋼の錬金術師』。壮大なスケ―ルと想像を超えるストーリーで、目の肥えた日本のコミックファンだけでなく、海を越えて世界をも魅了、驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミックが実写映画化されることが正式発表された。

『鋼の錬金術師』は幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。幼い二人は母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行い、失敗する。その代償としてエドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまう。やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かる。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅が今、始まる――

主役のエドワード役を演じる山田涼介(Hey! Say! JUMP)は。今回の出演にあたり「僕自身も小さな頃から読んでいたのですが、現実離れした世界観でありながらもヒューマンドラマがちゃんと描かれている、そこに多くの人が心を惹きつけられているのだと思います。今回主演という立場を頂いた時は、原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像が膨らみ、自分がこのプレッシャーに勝てるのか? という気持ちもありました」と率直な思いを語っている。

共演は、本田翼、ディーン・フジオカらと

本作のヒロインで、エドたちの幼馴染で機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベル役には本田翼。兄弟の良き理解者で、若き士官“焔の錬金術師”の名を持つロイ・マスタング役にはディーン・フジオカが務める。ほか、マスタング大佐の親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太、マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、ロス少尉役に夏菜、国家錬金術師のタッカ―役に大泉洋、ドクター・マルコ―役に國村隼、ハクロ将軍役に小日向文世。さらに、エドとアルの冒険に立ちはだかるホムンクルス(人造人間)役、謀略に長けた“色欲”のラスト役には松雪泰子など豪華キャストがラインナップ。

また、本作で監督を務めるのは、『ピンポン』曽利文彦。曽利は「『ピンポン』は企画段階から参加し、自らの想いが強く反映された作品ですが、今作はそれ以来となる、自らが立ち上げた作品であり、特別な思い入れがあります。『鋼の錬金術師』の世界観やテーマ性、そして“生きていくことの真実”を描いた、この素晴らしいストーリーを幅広い世代にご覧いただけるよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいきたい」とコメントしている。

撮影は6月、世界観の表現を追求してイタリアロケから開始、日本での撮影を経て8月下旬に撮影終了を予定しているという。


映画『鋼の錬金術師』
2017年冬、全国ロードショー

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

荒川弘

生年月日1973年5月8日(45歳)
星座おうし座
出生地北海道

荒川弘の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST