山本美月、貞子と伽椰子に襲われ「ラッキー」実はホラー好き

(後列左から:白石晃士監督、佐津川愛美、山本美月、玉城ティナ、デーモン閣下)

(後列左から:白石晃士監督、佐津川愛美、山本美月、玉城ティナ、デーモン閣下)

“Jホラー”を代表する2大キャラクターが激突する映画『貞子vs伽椰子』の完成記念イベントが23日都内で行われ、主演の山本美月、共演の玉城ティナ、佐津川愛美、白石晃士監督が出席。さらにスクリーンからは貞子、伽椰子&俊雄、魔界からは主題歌を担当するロックバンド・聖飢魔IIのデーモン閣下が登場した。

同作は、映画『リング』シリーズの貞子と映画『呪怨』シリーズの伽椰子が、ついに初対面する最恐プロジェクト。見たら2日後に必ず死ぬ“呪いのビデオ”を手に入れた女子大生の有里(山本)と、足を踏み入れたら生きて戻ることの出来ない“呪われた家”に関わってしまった女子高生・鈴花(玉城)に降りかかるおぞましき恐怖を描く。

山本美月

山本美月

本作のオファーに山本は「ホラー映画は好きな方。『リング』と『呪怨』の両方に出られる人はなかなかいないので、ラッキー」と意外や意外、声を弾ませ「演じたキャラクターも当て書きですが、本当に性格のいい役。こんなに性格が良く見えているんだ、と凄く嬉しかった。素敵な役をありがとうございます」と満面の笑みだった。

玉城ティナ

玉城ティナ

一方の玉城は「ホラー映画をあまり観たことがない、怖がり」と山本とは真逆な性格ながらも「でも興味の方が勝りました。普段の生活で大きな声を出したことがないので、叫びをとにかく勉強しました。監督からは“吐息が良かったよ”と言われたのを覚えています」と振り返った。

山本美月

山本美月

そのホラー映画ならではの恐怖演技の苦労には山本も「体力が必要で、過呼吸が続いている感じで大変だった。埃も凄い場所で、それもきつかった」と共感を示すも「途中からはおかしなテンションになった。いっぱい叫んでいっぱい運動したから、お腹が空きました」とケロッとしていた。

白石晃士監督

白石晃士監督

白石監督は、このエポックメイキングな企画に「日本を代表する2つのキャラクターを対決させることが出来るのは光栄。企画をもらった時にガタッ! と席を立つくらい『マジっすか、俺に?』となりました」と興奮しきり。山本らの出演には「皆さんが美しい。美しいものが映っているだけで、映画はゴージャスになる……気持ち悪いですか?」と大満足の表情だった。

デーモン閣下

デーモン閣下

映画『貞子vs伽椰子』は、6月18日より全国公開。

(取材・文:石井隼人)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST