ムロツヨシ、局部への弾着に恐怖したことを告白―映画『ヒメアノ~ル』初日舞台挨拶

 

映画『ヒメアノ~ル』初日舞台挨拶より

28日、都内で映画『ヒメアノ~ル』の初日舞台挨拶が行われ、森田剛(V6)、濱田岳、ムロツヨシ、佐津川愛美、そしてメガホンを取った吉田恵輔監督が登壇した。本作は、さえない日々を送りながら孤独感や不安に苛まれていたフリーターの岡田(濱田岳)が、高校の同級生でいじめられっ子だったものの、その主犯格を殺したことをきっかけに快楽殺人者と化した森田(森田剛)との再会によって、思わぬ騒動に巻き込まれる姿を描くサスペンスだ。

キャストや監督にとって、初めてのことばかりだったという本作。意外にも本作で単独初主演となった森田は、「映画のキャンペーンで監督と地方を回らせてもらったり、濱田さんと3人で回らせてもらったり、イタリアの映画祭(ウディネ・ファーイースト映画祭)も初でしたし、なんか、いいな~映画と思いましたね」と満足げ。続けて、「自信を持って『見てください』と言える作品になったと思いましたし、色々な角度から色々な感情がわく映画だと思うので、たくさんの方に楽しんでいただきたいなと思います」と本作の魅力を語った。

 

映画『ヒメアノ~ル』初日舞台挨拶より

森田に翻弄される岡田を演じた濱田は、「裸ん坊になって、ああいうシーンに挑むっていうのは初だったんですね」と照れ笑い。私生活で友人であるムロから、「え、濡れ場っていうんですか?初なんですか」といじられると、「一体ね、誰が得すんだこんなもんと思ったわけ」と自虐的に語り、会場の笑いを誘った。濡れ場の音声は別撮りしたそうで、ムロの「もう一回別撮りの音声聞かせて」というお願いに、濱田は「はあはあはあ…」と答え、これには振ったムロも笑いながら「上手ね」と太鼓判。

岡田の仕事場の先輩である安藤に扮したムロは、劇中で銃で撃たれるシーンがあり、弾着を当てたのだが、場所が局部だったそう。ムロだけでなく、弾着演出の担当者も局部は扱ったことが無かったそうで、撮影前は緊張していたという。無事に撮影を乗り切ったムロは、「どんな痛みが発生するかわからないって言われて、つよし(局部)、ガーゼ、ガーゼ、弾着よ」という軽妙なトークで会場を爆笑させた。

 

映画『ヒメアノ~ル』初日舞台挨拶より

当日は、ウディネ映画祭での好評を受けて、上海国際映画祭、プチョン・ファンタスティック国際映画祭での上映も決定したことが発表された。これを受けて森田は、「海外に行って色々な方に広まっていくのはうれしい」と笑顔。会場に詰めかけた大勢のファンからの割れんばかりの声援に送られて一同は登壇し、大盛況の舞台挨拶は幕を閉じた。

(取材・文:岸豊)

>『ヒメアノ~ル』の記事をもっと読む


映画『ヒメアノ~ル』

2016年5月28日、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

出演/森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載)
監督・脚本:吉田恵輔
音楽:野村卓史
配給:日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

森田剛

生年月日1979年2月20日(39歳)
星座うお座
出生地埼玉県

森田剛の関連作品一覧

濱田岳

生年月日1988年6月28日(30歳)
星座かに座
出生地東京都

濱田岳の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST