【祝・大ヒット】マーべル・コミック史上最も規格外なヒーロー『デッドプール』が好発進!

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

“デップー”旋風、日本でも巻き起こる

全米で3週連続No.1、全世界120カ国で予想外のオープニング成績No.1、《R指定》作品史上最大のヒット(6/6現在、$772,260,743※boxoffice mojo調べ)となっている『デッドプール』。2016年6月1日、ヒーロー映画の「掟」をすべて撃ち破る自由すぎる自己中ヒーローがついに日本のファンの前に登場、こちらでも大ヒットを記録した。

6月1日(水)より全国744スクリーンにて公開された『デッドプール』。当日の興行収入ランキングは『ズートピア』を抜いて堂々1位(64,198,200円)を獲得。さらに、6月1日~6月5日までの5日間の動員は496,409人、興行収入711,756,100円を記録。

ファミリー層に大人気のアニメ『ズートピア』(公開7週目)、10~20代の女性を中心に注目される邦画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(公開1週目)が立ちはだかる中、“R15+指定”で動員を限定する本作が、週末の興行収入383,332,900円で、1位スタートを切った(動員は3位)。

SNSでは、「数年に一本級の【愛され映画】認定!」、「映像も音楽もいいし、アクションもいい。なんといってもデップーちゃんのキャラが最高!」、「最高に最低でめちゃくちゃカッコイイマーベルヒーロー」、「デップーちゃんマジあざと可愛いし、カッコ良過ぎて惚れるわ」、「期待通りすぎて興奮しかしねえ」と、作品に対する好感度は日々高まっている。

『デッドプール』 興行成績

<6/1(水)~公開5日間>
観客動員:496,409人/興行収入:711,756,100円

<6/4(土)&5(日)週末2日間>
観客動員:248,473人/興行収入:383,332,900円

>新作映画『デッドプール』を観るべき3つの理由――ヒーロー界の“異端児”は、日本でも旋風を巻き起こせるか?


映画『デッドプール』
大ヒット上映中

監督:ティム・ミラー
出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノ
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST