池松壮亮と菅田将暉、初対面時に一言も喋らず「怖くなった」

俳優の池松壮亮と菅田将暉が7日、都内で行われた映画『セトウツミ』の完成披露試写会に出席。池松と菅田による会話劇で構成された作品だが、大森立嗣監督は撮影時にあった衝撃的場面を暴露した。

大森立嗣監督、池松壮亮、菅田将暉

大森立嗣監督、池松壮亮、菅田将暉

大森監督は「2人が初対面の時に一言も口をきかないので、“大丈夫かな、この人たち”と怖くなった」と劇中とは真逆の状態を告白。それに池松は「今は喋りますよ」としつつ「人見知りかどうかはわからないけれど“初めまして”以外喋る事がない」と説明。一方の菅田は「今は凄い(喋る)」といい「思っていたよりも池松君がボケるのが好きな人で、それにツッコむのが大変でした。そのやり取りが地元にいた時のような感覚で、それ以来池松君に会うとそんな感じになる」と撮影を通して深まった仲をアピールした。

菅田将暉

菅田将暉

漫画家・此元和津也による、関西弁の会話劇で構成された同名コミックを映画『ぼっちゃん』『さよなら渓谷』『まほろ駅前多田便利軒』の大森立嗣監督が実写映画化。高校2年生の内海想(池松)と瀬戸小吉(菅田)が、放課後に河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす青春の日々を描く。

池松壮亮

池松壮亮

池松は「撮影期間が一週間くらいで短かったので、手応えもクソもないまま終わって、一週間座っていたという時間の流れを覚えている」と撮影を回想し、関西弁のセリフに「できればやりたくなかった。撮影中に関西弁のチェックが入る感じが本当に嫌だった。大阪で公開してほしくない。それくらい怖い」とぶっちゃけ。関西出身の菅田からは「78点」と言われたというも「喋るだけの映画で関西弁が出来ていないのもあれだし、ちゃんとやろうと思ってちゃんとやりました。楽しんでもらえる自信はあるけれど、観てもらわないとわからないし、つまらなかったと言われるかもしれない」と観客の判断にゆだねた。

菅田将暉、池松壮亮

撮影中は地べたに座りっぱなしだったこともあり、池松は「途中からお尻が痛いと僕が言い始めたら、座布団を買ってきてくれたんだけれど、それが100均のだった」と切ない裏事情を紹介し「あまりお金を使っていない映画で、安い賃金で働きました。座布団も効果がなかった」とブルーだった。

(取材・文:石井隼人)

>『セトウツミ』の記事をもっと読む


映画『セトウツミ』
7月2日公開

監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』
原作:此元和津也(秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平
配給:ブロードメディア・スタジオ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

大森立嗣

生年月日1970年9月4日(47歳)
星座おとめ座
出生地東京都

大森立嗣の関連作品一覧

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(25歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST