新作映画『帰ってきたヒトラー』を観るべき理由――タブー恐れぬ「勇気と知性」に拍手

(C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

(C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

『帰ってきたヒトラー』ってどんな映画?

1945年に死亡したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンで目を覚ました! 社会の激変ぶりに戸惑いを隠せないヒトラー本人だが、道行く市民や観光客は彼のことをモノマネ芸人だと勘違いしてしまう。リストラされ起死回生を狙うテレビマンが密着ロケを敢行すると、その過激ながら正論に聞こえてしまう“ヒトラー語録”の数々に、ドイツ中から熱烈な支持を集めることに…。ヒトラーは再び民衆の英雄になってしまうのか?

観るべき理由:1――これぞブラックコメディ!タブーを恐れぬ問題作

ドイツ国内だけで200万部以上を売り上げた大ベストセラーを映画化した本作は、「大いに笑えて、思わずゾクッとする」ブラックコメディ映画だ。過去からやって来た人間が、現代社会とのギャップに驚きながら、珍道中を繰り広げるというタイムトラベルもののお約束を踏まえつつ(劇中には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』へのささやかなオマージュも捧げられている)、テレビやネットを駆使し、ヒトラーがジワジワと“人気者”になってしまう恐怖がシニカルに描かれる。

そんなタブーを恐れぬ問題作が、ドイツで製作された価値も大きく、評価すべき点。現代のクリエーターが忘れがちな「勇気と知性」に拍手を送りたい!

観るべき理由:2――本当に怖いのは? 市民がぶっちゃける本音

本作が真にユニークなのは、“密着ロケ”の名目で随所に織り込まれているドキュメンタリーのパート。ヒトラーの格好をした男を目の当たりに、市民はどんな反応を示すのか? 人々はさぞ嫌悪感や拒否反応を示すかと思いきや(実際にそういう人もいる)、ヒトラー役の主演俳優が「今の生活に不満はないか?」と問うと、日頃の不満やグチを明かすばかりか、その原因は移民だと差別的な発言をする市民の姿も!

驚くべきはそんな彼ら一般人が、映画の撮影でカメラが回っていることを認識し、書面で顔出し出演をOKしているという事実。ヒトラーの扇動に乗せられ、思わず本音をぶっちゃける“民衆”の姿を通して、いかにヒトラーという怪物が権力者にまつりあげられたか、右傾化する現代社会においてヒトラー再来の現実味を描いている。

観るべき理由:3――来日したヒトラー役の俳優を直撃!

ヒトラーを“完コピ”で演じきったドイツの舞台俳優オリバー・マスッチが先ごろ、プロモーション来日。実際に会ってみると、身長は190センチを優に超え(ちなみにヒトラーは身長の低さにコンプレックスを抱えていたと言われる)、顔もまったく似ておらず、現場では毎日2時間かけた特殊メイクでヒトラーに変身していたのだとか。

オリバー・マスッチ

オリバー・マスッチ

「ドイツ人俳優として、ヒトラーを演じるのはもちろん躊躇したけど、再びヒトラーのような独裁者を生み出しかねない現代社会の危険をあぶり出すという作品のコンセプトが、私を勇気づけたよ。役作りにはさまざまな資料を参考にしたし、YouTubeの映像もたくさん見た。確かにヒトラーを題材に、コメディ映画を撮るのはリスクもある。でも表現の自由こそが民主主義が勝ち取った財産。不謹慎だと目を背けるべきじゃないし、ドイツでこの映画が製作された意義も大きいと思う」(マスッチ)

(撮影・文:内田涼)


映画『帰ってきたヒトラー』
6月17日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

監督:デヴィッド・ヴェンド
出演:オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリストフ・マリア・ヘルプスト、カッチャ・リーマン
原作:『帰ってきたヒトラー』ティムール・ヴェルメシュ著(河出文庫 訳:森内薫)
原題:Er ist wieder da
2015年/ドイツ映画/116分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:吉川美奈子
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アドルフ・ヒトラー

生年月日1889年4月20日(56歳)
星座おひつじ座
出生地オーストリア

アドルフ・ヒトラーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST