J.J. エイブラムス制作の『10 クローバーフィールド・レーン』公開直前企画―秘密主義者の彼が仕掛けた極上の<謎>5選

10クローバーフィールド・レーン

<謎>が大好きなJ.J.エイブラムス、新作『10クローバーフィールド・レーン』にはどんな<謎>を仕掛けたのか?/(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で監督を務めたJ.J.エイブラムス製作の最新作『10 クローバーフィールド・レーン』が6月17日(金)より公開となる。

シェルターに閉じ込められた男女3人の謎に包まれた共同生活を描く本作。謎の男・ハワードを演じるのは、演技派俳優・ジョン・グッドマン。女性・ミシェルを演じるのは、『ダイ・ハード』シリーズでルーシー役を演じ人気上昇中のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。もう一人の男・エメットにはトニー賞受賞歴もあるジョン・ギャラガーJr.。実力派の若手とベテランが織りなすキャスト3人のアンサンブルが、『10クローバーフィールド・レーン』の謎めいた世界に観客を引き込んでいく。

数々のメガヒット作を世に贈り出し続けているJ.J.エイブラムス。他のプロデューサーや監督とは違い、彼は独自のやり方で作品を世に贈り出している。一番の違いは何といっても<謎>だ。今回そんな秘密主義者、J.J.エイブラムスが仕掛けた<謎>で話題を呼んだ作品をピックアップ。

謎が謎を呼ぶ先の読めない展開で社会現象を巻き起こし、J.J.エイブラムスの名を世界中に知らしめた代表作

『LOST』/製作総指揮:J.J.エイブラムス

シドニー発ロサンゼルス行きのオーシャニック航空815便が南の島に墜落。48人の生存者は医師のジャックをリーダーに、サバイバルに奮闘しながら救助を待ち続ける。

またそんな中、ジャングルにいるはずのないシロクマ、生き物のように動き回る神出鬼没の黒い煙、さらには“他のものたち”という集団の存在や謎のハッチなど、奇々怪々の数々に遭遇する生存者たち。

そんな彼らの行く末が、主要キャラクターそれぞれのフラッシュバック・ストーリーを織り交ぜながら、謎が謎を呼ぶ展開で繰り広げられていく。…。

⇒作品詳細・レビューを読む

2004年から2010年にアメリカで放送された人気海外ドラマ。南洋の島に墜落した飛行機の生存者たちが経験する不可思議な出来事を描く『LOST』は、過去の経緯をフラッシュバックで描くドラマの先駆けとなり、“謎が謎を呼ぶ先の読めない展開”に世界中の視聴者が釘づけになった。エミー賞やゴールデングローブ賞を始め、各賞を受賞するなど社会現象を巻き起こした作品として知られている。

予告編、宣伝展開、公開直前まで全てをベールに包み隠し話題に!

『SUPER 8』/監督:J.J.エイブラムス

『SUPER 8』/監督:J.J.エイブラムス

好評レンタル&発売中

1979年の夏。オハイオの小さな町で父親と2人暮らしの少年ジョー。ある夜、親に内緒で家を抜け出し、親友5人とともに駅舎で8ミリ映画の撮影していて、列車の脱線事故に遭遇する。混乱の中で偶然にも、8ミリカメラは大破した列車から飛び出してくる“何か”を映し出していた。現場から逃げ帰ったジョーたちは、誰にも言わないと誓い合うが、ほどなく町では不可解な事件が次々と起き始め…。

⇒作品詳細・レビューを読む

2010年5月、『アイアンマン2』の全米公開劇場で本作の特報は突然現れた。この特報第一弾は、YouTubeで全世界に拡散。“謎が謎を呼ぶ”宣伝展開、公開直前まで全てをベールに包み隠し、断片的な情報だけを頼りに各国の映画ファンは内容を憶測し、その動向を固唾飲んで見守った。そして、2011年2月のスーパーボウルに湧く全米で、さらに内容に踏み込んだTVスポットが公開され、ツイッターで最多のツイート数をゲット。当時、“全世界で最も注目を集める作品”であることを証明した作品。

内容を知る者はジェダイ&ダークサイドのみ…“KING OF 謎”に相応しい超大作

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』/監督:J.J.エイブラムス

1977年の初公開時に世界的なセンセーションを巻き起こし、SFというジャンルを一躍メジャーにした『スター・ウォーズ』シリーズ。第6作『エピソードIII』から約10年、シリーズで初めて女性を主人公にした3部作が幕を開ける。 砂漠の惑星で生き別れた家族を待ち続ける孤独な女性レイ(リドリー)。彼女はストームトルーパーの脱走兵フィン(ボイエガ)と謎のドロイドBB-8との出会いを機に、帝国軍の残党であるファースト・オーダーとレジスタンスの戦いに巻き込まれていく。

⇒作品詳細・レビューを読む

もはや説明不要のビッグタイトル。日本では3月25日で一斉に上映が終了したが、アメリカでは未だ上映が続いている超メガヒット作品。全世界同時公開されるまで、内容が一切明るみに出ることなく封切られた本作は、まさに“KING OF 謎”と呼ぶに相応しい、全てが謎の超極秘プロジェクト。本作を引っ提げて日本に来日した際、記者から「何か日本のファンに向けて、隠された謎を教えて」と求められると、『NO!』と即答し秘密を貫いたJ.J。彼が“秘密主義者”と呼ばれるようになった決定的な作品でもある。

巧みな宣伝戦略により、全米オープニング3日間で約43億円を記録!

『クローバーフィールド/HAKAISHA』/監督:マット・リーヴス

J.J.エイブラムスがプロデュースした異色作。全米では、インターネットを中心に公開直前まで謎と仕掛けに満ちた新機軸のプロモーションが展開され大いに話題を集めた。

ニューヨークに突如訪れた未曾有の大惨事を、渦中に放り込まれたゆえに全体像を掴めず、理由も分からぬままただ逃げまどうことを余儀なくされる一般市民の視点のみで追う斬新なスタイルで描き出していく。

⇒作品詳細・レビューを読む

リアルタイムの恐怖・不安感という新たな切り口で、ホームビデオ風の主観的映像で見せたJ.J.製作のモンスター・パニックムービー。興行的成功の背景には、公開前の巧みな宣伝戦略が存在した。公開約1年前の2007年夏、初報で自由の女神像の頭部が破壊されたショッキングなビジュアルを見せ、“内容や作品名を一切発表しない斬新な宣伝”で一躍注目を集める。

その後も、情報規制を徹底し、事件との関連を匂わせる架空の企業や団体のサイトを立ち上げたり、YouTubeに架空のニュース映像を投稿するなど、“謎めいたプロモーションで作品への好奇心を煽り”、公開するや全米オープニング3日間の興行収入4,000万ドル(日本円にして約43億円)を超える大ヒットを記録!1月公開作品では歴代トップの成績を生んだまさにモンスター級大ヒット映画に。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編!? “奴ら”って誰なの??

10 クローバーフィールド・レーン

(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『10 クローバーフィールド・レーン』

タイトルに“クローバーフィールド”とついていることから、『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編か!?などの憶測が飛び交う中で、その真相は明らかにされず、“謎に包まれたまま全米公開”された本作。公開後は、海外メディアからは絶賛の声が相次ぎ、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesでは、90%以上という高得点を獲得! 日本でも正体不明の“奴ら”が映し出される予告映像やポスタービジュアルが公開。その“謎の多さ”にSNS上では「これは楽しみ!」「ネタバレじゃねぇか!」などの賛否両論が巻き起こった。

「謎はイマジネーションを引き出すことに気づきました。そんなに凄い考えではないかもしれませんが時として“謎が知識より価値を持つ場合もある”そう思うようになって謎に対してすごく興味を持ちました」と語ったJ.J.エイブラムス。今後も<謎>に覆われた作品が出てくる可能性は非常に高い。J.J.流のサプライズで世界中のファンに驚きと興奮を届け、我々を魅了し続けてくれるだろう。

そんな本作も6月17日より、いよいよ公開。果たしてどんな謎が隠されているのか?


『10 クローバーフィールド・レーン』
6月17日(金)全国公開

製作:J.J.エイブラムス
監督:ダン・トラクテンバーグ
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー Jr.

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST