映画『彼らが本気で編むときは、』から、ミムラや小池栄子ら実力派女優5名の出演が発表!

 

 

デビュー作『バーバー吉野』『かもめ食堂』『めがね』などで日本映画の新しいジャンルを築き、その世界観から女性に圧倒的人気を持つ、荻上直子監督。彼女にとって5年振りとなる最新作で、2017年2月25日(土)より全国一斉ロードショーとなる映画『彼らが本気で編むときは、』から、本作に出演する豪華女優陣が一挙に発表された。

本作は、女性として人生を再出発しようとしているトランスジェンダーとその恋人、そして母親に置き去りにされた少女の奇妙な共同生活を軸とした人間模様を描く作品。今年3月の制作発表時には、主演のトランスジェンダーのリンコを生田斗真、そのパートナーであるマキオを桐谷健太、そして二人とともに暮らす少女・トモを柿原りんか(新人)が演じることが発表されていた。今回新たに出演が発表されたのは、全部で5名の実力派女優陣。

マキオの姉であり、娘のトモを愛しながらも、シングルマザーの辛さから悩み、娘を置き去りにしてしまう母親・ヒロミは、ミムラが演じる。リンコ(生田斗真)の母親・フミコに扮するのは田中美佐子。フミコは子供の頃から自分の性に悩むリンコの一番の“人生の応援団長”で、リンコを明るく支え続ける優しい女性だ。

小学生であるトモの同級生・カイの母親・ナオミ役には小池栄子がキャスティングされた。ナオミは家庭環境が良いとは言えないトモに自分の息子が近づくことに対して警戒心を強く抱くが、その息子自身も心に深い悩みを持っているという複雑な役どころ。マキオとヒロミの母親・サユリ役にはりりィ。サユリは痴呆が進んだ結果、リンコが女性介護士として勤めている老人ホームに入居しており、ヒロミとは長い間不仲が続いている。リンコの職場の同僚で結婚を控える佑香に扮するのは、門脇麦。リンコとは対照的に、女性でありながら男っぽいサバサバとした性格で、お互いの人生の節目に多大な影響を与え合った女性だ。

本作では、荻上監督が脚本執筆時に思い描いていた通り、まるで当て書きしたかのような夢のキャスティングが実現したそう。荻上監督は「映画を撮影していて、おもしろいな-と思う瞬間は、俳優さんが、自分の想像を越え、さらにすばらしいものを出してくれた時です。今回もおもしろい瞬間がたくさんあって幸せでした」と語っている。果たして、実力派女優陣は、生田や桐谷、そして新人の柿原と、どんなアンサンブルを見せてくれるのだろうか。


映画『彼らが本気で編むときは、』
2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦 ほか
脚本・監督:荻上直子
配給:スールキートス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

りりィ

生年月日1952年2月17日(64歳)
星座みずがめ座
出生地福岡県福岡市

りりィの関連作品一覧

小池栄子

生年月日1980年11月20日(37歳)
星座さそり座
出生地東京都世田谷区下北沢

小池栄子の関連作品一覧

桐谷健太

生年月日1980年2月4日(38歳)
星座みずがめ座
出生地大阪府

桐谷健太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST