桐谷健太、実写吹き替え初挑戦で関西弁がポロリ?『ターザン:REBORN』公開アフレコイベントに登場

『ターザン:REBORN』

主人公ターザンの吹替えに挑戦した桐谷健太「ワイルド、パワフルに演じます!」と意気込みを語る。/
© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ハリー・ポッター』シリーズの監督とスタッフによって映画化された『ターザン:REBORN』が7月30日(土)より公開される。この度、公開アフレコイベントが実施され、主人公ターザンの日本語吹き替えを担当した桐谷健太が登場し、初挑戦となるアフレコを披露した。

実写吹き替え初挑戦!その腕前は?

これまでのターザンのストーリーとは一線を画した、<全てを手に入れた男が、愛する人を救うためジャングルに戻る>という真逆のオリジナルストーリーで描かれている本作。従来のイメージと常識を覆す“英国貴族のイケメンすぎるターザン”の声優を演じる桐谷健太は実写吹き替え初挑戦となる。

今回、公開アフレコで披露されたシーンは、<ターザンが、ジャングルの掟により、かつてともに育ったゴリラと対峙するシーン>。緊迫した難しいシーンだが、初挑戦とは思えない堂々とした演技を披露した桐谷。吹替えの演出を担当した羽多野千賀子(はたの ちかこ)は、「今回のターザンは非常に難しいキャラクター。感情を抑えた口調の中に熱い部分を込めなきゃならない中、桐谷さんは真正面から逃げずに挑戦してくれた」と絶賛した。

アフレコについて桐谷は「普段は関西弁なのですが、『ジャングルちゃうんかい!』ってターザンが関西弁だったらおかしいですからね(笑)出ちゃった場合は、監督からもちろんご指摘いただいて、撮りなおしました。感情を出す間が普段の演技と違っていたり、今まで味わったことのない表現方法で非常に難しかったですが、とても面白かったです。非常に俳優として勉強になりました」と振り返った。

ターザン

関西弁を封印して、堂々とした演技で「ターザン」を表現した。/
© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

「役者、音楽の仕事では野性に戻ります」

映画について、「あっという間でした!爽快なアクションにも興奮しましたし、僕らが想像するターザンの物語とは異なる斬新な設定も面白かったです。男として、自然と対峙しているターザンは本当にカッコいいし、全てを手に入れながらもそれを捨てて妻を助けにいく姿も憧れました。ゴリラと闘える男なんて、ターザンくらいですよ!」と熱く語った桐谷。

「ターザンと同じく、野生に戻る瞬間は?」との質問には「役者や音楽の仕事をやらせていただいていて、考えるよりも先に、勝手に体が動いていたり、声が出ていたりする時があるんです。そんな時は、後でふり返ってみると、“無”になって解放されていたんだな、と実感します」と、ターザンと自身の共通点を答えた。

最後に、映画の公開を待つファンに対して「皆さんのイメージや想像を覆す、全てが新しいターザンになっています。この暑い夏にぴったりの、キンキンに冷えた爽快感満載のスタイリッシュ・アクション大作なので、ぜひ楽しみにしていてほしいです!」とメッセージを残し、新生『ターザン:REBORN』の魅力を熱く語った。

>『ターザン:REBORN』の記事をもっと読む


映画『ターザン:REBORN』

7月30日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー

監督:デイヴィッド・イエーツ(『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1、Part2』ほか『ハリー・ポッター」シリーズ)
キャスト:アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン/クリストフ・ヴァルツ
原題:The Legend of TARZAN

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST