「オファーを断る理由はありませんでした」福山雅治出演、ジョン・ウー監督新作『追捕』クランクイン!

(左から)福山雅治、ジョン・ウー監督、チャン・ハンユー

(左から)福山雅治、ジョン・ウー監督、チャン・ハンユー

香港の映画会社メディア・アジアが製作するジョン・ウー監督の超大作、チャン・ハンユー、福山雅治ダブル主演の『追捕MANHUNT』(原題)が6月大阪でクランクインした。『追捕』は西村寿行原作小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店)の再映画化で、同小説は1976年、高倉健および中野良子主演により映画化された。中国では『追捕』というタイトルで公開され大ブームを巻き起こした。

去る17日(金)、中国・香港メディアに向けクランクインを報告するプレスイベントを大阪・あべのハルカスにて実施。映画の完成の無事を願ってのスタッフキャストによる鏡割のイベントが行われた。

福山は、今回のオファーについて「監督の作りだす映像世界に是非参加したいと思っていましたし、ジョン・ウー監督のオファーを断る理由はありませんでしたとコメント。また、「演者にすごく優しく気を使ってくださる。アイディアがあれば積極的に欲しいと言ってくれるし、演者のクリエイティブとコンディションを最優先に考えてくれる」と絶大な信頼を寄せいていることを明かした。

やはりジョン・ウーといえばアクション、ということもあり「観客としてはやはりアクションに期待します。自分も演じるのですが、同時に早く作品が観たい」と言いつつ、「自分も常に動けるためのトレーニングはしてきましたが、ここまでのアクションは経験がないので今後の撮影も楽しみ」を準備にも余念がない。

左から:國村隼、池内博之、チー・ウェイ、福山雅治、ジョン・ウー監督、チャン・ハンユー、ピーター・ラム、桜庭ななみ、TAO

左から:國村隼、池内博之、チー・ウェイ、福山雅治、ジョン・ウー監督、チャン・ハンユー、ピーター・ラム、桜庭ななみ、TAO

そのジョン・ウー監督は「たくさんの重要なシーンで、大阪の様々なスポットが登場します。どれも普段は映画のロケなどできない特別な場所。今回、この映画を通して、大阪という街の暖かさ、美しい街並を描き出したいと思っている」と日本ロケについて触れ、以前CMの撮影で一緒になった福山については「彼は何事にも真摯に打ち込むすばらしい俳優。非常に風格があり、様々な可能性を無限に感じる、同時に非常に思いやりにあふれているところが魅力」と称賛し、「この作品で彼が演じる役は、思慮深く、熱い心を持った人物。彼はその役を必ずこなしてくれると思う」と期待を寄せていることを明かした。

公正誠実な国際弁護士・杜秋(チャン・ハンユー)は、自身の送別パーティー後、突如、同僚女性殺害の容疑を受ける。杜秋逮捕に全身全霊を傾けている敏腕警部・矢村聡(福山雅治)は、杜秋の行動を何度も把握しながらも逃げられてしまい、臍を噛みつつも密かに杜秋の機知に敬服もしている。同時に殺人事件の状況証拠を怪しく思い、杜秋が罠にはめられているのではないかとの疑問を持ち始める。最終的に二人は協力して真相を突き止める。

劇中でチャン・ハンユーと福山雅治は大いに対峙するが、お互いに今回の共演を非常に楽しみにしているという。本作品の中国公開は2018年春を予定している。


『追捕』(原題)『MANHUNT』(英題)
中国公開は2018年春予定。日本公開も2018年予定

全編日本ロケ、大阪がメインの舞台

ジョン・ウー監督作品
原作:西村寿行『君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ』(徳間書店)の再映画化
メディア・アジア製作・世界配給
出演者:チャン・ハンユー、福山雅治、ハ・ジウォン、チー・ウェイ
日本人キャスト:福山雅治、國村隼、桜庭ななみ、池内博之、竹中直人、TAO、倉田保昭
美術監督:種田陽平(『思い出のマーニー』『キル・ビルVol.1』)
撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』(3部作)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョン・ウー

生年月日1946年5月1日(72歳)
星座おうし座
出生地中国広東省

ジョン・ウーの関連作品一覧

福山雅治

生年月日1969年2月6日(49歳)
星座みずがめ座
出生地長崎県

福山雅治の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST