アリスことミア・ワシコウスカ、二度目の来日は「温泉に行って、日本食を食べつくして、日本庭園を見たい」―『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ジャパンプレミア

ミア・ワシコウスカ

ミア・ワシコウスカ

21日、都内で映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のジャパンプレミアが行われ、主演のミア・ワシコウスカ、メガホンを取ったジェームズ・ボビン監督、そしてプロデューサーのスザンヌ・トッドが登場。前作以来6年振りの来日となったミアは、「温泉に行って、日本食を食べ尽くして、日本庭園を見たいわ」と笑顔で語った。

 

ジェームズ・ボビン監督、ミア・ワシコウスカ、スザンヌ・トッド

本作は、前作『アリス・イン・ワンダーランド』の後日譚を描く作品。劇中では、ワンダーランドを再び訪れることになったアリス(ミア・ワシコウスカ)が、悲しい過去に心を奪われた友人のマッドハッター(ジョニー・デップ)を救うために繰り広げる、「時間」との戦いが描かれる。ミア、ボビン監督、そしてスザンヌが、ワンダーランドの世界観を再現した会場に登場すると、詰めかけた大勢のファンの熱気は最高潮に。一行は大歓声を受けながら、ゆっくりとレッドカーペットを歩き、サインやセルフィーなどのファンサービスを行った。

ミア・ワシコウスカ

ミア・ワシコウスカ

ロベルト・カヴァリのドレス、ブライアン・アトウッドのシューズ、フレッド・レイトンのアクセサリーを身に着けて登場したミアは、「素晴らしい方々と作品を作り上げることができました。隣にいるスザンヌのように前作でも一緒だった人とは、より深くお互いを知り合えたなと思います。ジェームズは、大人も子供も楽しめるユーモアを与えてくれました。そしてジョニーですが、彼は何といっても一緒にいるだけ楽しい、本当に素敵な方です」と撮影を振り返った。

 

ミア・ワシコウスカ

続編である本作についてボビン監督は、「毎日がとても大変でした。とにかく長い時間をかけて作り上げました。作品自体が時間について語っているものでもあるという点が素晴らしかったですね。続編というものの楽しさは、キャラクターを知ることができたり、発展させることができる点にあります」と話し、プロデュースを務めたスザンヌは、「全てが大変でした。脚本、撮影、ビジュアル・エフェクト、編集、ポストプロダクション、全てに皆さんが想像している以上の時間がかかっています。でも、この作品を作ることができて感謝していますし、皆さんにお届けすることができて嬉しく思っています」とにっこり。

ミア・ワシコウスカ

ミア・ワシコウスカ

ミアは鑑賞のポイントについて、「アリスというキャラクターが大好きなんです。とても素敵で強い女性なんですが、まさに原作のアリスが持っていた自立心・好奇心を感じられるキャラクターになっていると思いますし、私の彼女に対する愛は大きいものです。皆さんがもうすぐご覧になったときに、ありのままの自分でいていいんだと感じ、アリスのような強さをメッセージとして受け取っていただければ嬉しいです」とコメントし、盛大な拍手に送られながら降壇。当日は、「日本のアリス」として池田エライザ(モデル・女優)らも華やかなドレスに身を包んで登場し、会場を盛り上げていた。

(取材・文:岸豊)


映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

7月1日(金)全国ロードショー

製作:ティム・バートン
監督:ジェームズ・ボビン
出演:ジョニー・デップ/アン・ハサウェイ/ミア・ワシコウスカ/ヘレナ・ボナム=カーター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST