乾いてるあなたにおすすめ、梅雨だからこそ「しっとりとした恋模様」映画4選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

雨の音が好きなので、この季節は窓をあけて映画を観たりします。普段アクションやコメディばかり観ている私もこの季節はしっとりとした映画を観たくなります。いままで観て「しっとりしてたなあ…」という映画を紹介させていただきます。

もしかしたら、僕とあなたも…?

  ワンダーランド駅で

ワンダーランド駅で

好評レンタル&発売中

同じルートの電車で通勤している男女の2人が出逢えそうでなかなか出逢えないというシチュエーションが繰り返されるラブ・ストーリー。ボストンの街を走る地下鉄ブルーライン。ワンダーランド駅を終着駅とするこの路線はいつも多くの人で混雑している。夜勤看護婦のエリンと配管工のアランもこのルートを使って通勤していた。二人の唯一の接点はこれだけ。二人は駅で、水族館で、カフェですれ違うのだが、互いの存在には気づかず…

【しっとりするPoint】

なかなか出逢わない、始まらない。「志村ーうしろー!!」と言いたくなる。でもね、私達ももしかしたら運命の人と毎日同じ電車に乗っているのかも。これを読んでくれているあなたと私は実はどこかですれ違っているのかもしれないし、またいつか出会えるかもしれない。そんなことを考えながらこの映画を観てみてください。

劇中にながれるボサノヴァやインテリアが主演のホープ・デイヴィスを華やかに彩ります。このホープ・デイヴィス、最近では『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出演しているみたいです。

⇒作品紹介・レビューを見る

私(当時18歳)はジュリエット・ビノシュに一目惚れでした

  ショコラ

ショコラ

好評レンタル&発売中

サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム監督がジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ主演で描く愛のファンタジー。古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。

厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが……。

【しっとりする Point】

私が初めてジョニー・デップを観たのがこの映画でした。「なんだこの男前は…」という嫉妬から、デップ演じる流れ者(確か当時のVHSでは「海賊」って訳されていたような気が…)に感情移入できませんでした。その後『ガタカ』のジュード・ロウで更新されるまで私の「男前ランキング」1位でした。

いやいや、男前ランキングの話は置いといて、この映画はとにかくジュリエット・ビノシュが素敵なんです。演者に惹かれて、同じ人が出ている他の作品を観た、というのはこのジュリエット・ビノシュが初めてだったと思います。一目惚れでした。ビノシュは公開時36歳だったので、高校生にしては年上の女性に惚れたんですね。彼女が出ている『イングリッシュ・ペイシェント』もとても素敵でした。長いけど。

⇒作品紹介・レビューを見る

食わず嫌いして申し訳ございませんでした。

  ウォーリー

ウォーリー

好評レンタル&発売中

人類に見捨てられた地球で700年もの間コツコツと働き続ける孤独なゴミ処理ロボット“WALL・E(ウォーリー)”の健気で純粋な姿を綴るディズニー/ピクサー製作の感動ファンタジー・アニメ。

ある時目の前に現われ恋をしたロボットの危機を救うため宇宙へ旅立つウォーリーの壮大な冒険を描く。監督は『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン。人類が新たな入植地を求め宇宙へと去ってから長い年月が経つ29世紀の地球。そこでは700年間、一体のゴミ処理ロボット、ウォーリーが人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けていた…。

【しっとりする Point】

ピクサー映画を子供向けだと思ってる人は私くらいだと思いますが、私は今年の3月までこう思っていました「ちょっと映像がきれいなお子様向けディズニーアニメ」と。なんでそんなこと思ったんですかね、信じられません。今更私が言うまでもございませんが、ピクサーって緻密なストーリーと子供のとき誰もが考えた空想や物語をアニメーションで具現化する素晴らしい集団なんですね。

先日ピクサー展に行って初めて知りました。この映画は観た人もたくさんいると思いますが、極端にセリフがないのに、ロボットの感情表現によって、とても素晴らしい作品となっています。まさかまだ観てない人はいないと思いますが、もしまだ観てない人は観ておいたほうがいいです。

メイキングや特典のインタビューも忘れずに! ピクサーについてはいつか「食わず嫌い映画」特集でも書くときにまた紹介します。

⇒作品紹介・レビューを見る

いい映画に、いいオジサンあり!

  娚の一生

娚の一生

好評レンタル&発売中

人気漫画家・西炯子の同名コミックスを榮倉奈々と豊川悦司主演で実写映画化した大人のラブ・ストーリー。アラサーのキャリアウーマンが、ひょんなことから遥かに年上の男性と奇妙な同居生活を送り、いつしか恋に落ちていく姿を描く。

都会での生活に疲れ果て、仕事を辞めて田舎で入院中の祖母の家に身を寄せた堂薗つぐみ。間もなく祖母は他界し、この古い一軒家を独りで守っていこうと決意した矢先、彼女の前に現われたのが50代の独身大学教授・海江田醇。若かりし頃、祖母に恋心を抱いていたという彼は、以前に祖母から許可をもらっていたからと、勝手に離れに住み始めてしまう。そんな不躾で強引な醇に反感を覚えるつぐみだったが…。

【しっとりする Point】

TSUTAYAでの本職は漫画なので、漫画原作の映画を観ることが多いのですが、この映画は原作(西炯子)で描かれている線の綺麗なオジサンを原作とはまた違った雰囲気のオジサンとしてトヨエツこと豊川悦司が見事に演じていて、ぜひ皆さんに見てもらいたいと思いました。

トヨエツが榮倉奈々の足を舐めるシーンがあるんですが、エロスを抑えて愛情だけを出す、っていう感じでもう名演。私がやってもああはならない、けどもしかしたら、ってこともあるから、試しに榮倉奈々の足を舐めさせてもらいたい。とにかくトヨエツの渋さと、それに翻弄されつつも惹かれていく榮倉奈々が素敵です。ほんと、いい映画はいいオジサンなくして成り立たない。

梅雨が終わればもう夏ですね。でも梅雨を春と夏の“つなぎ”程度にしてしまうのはもったいないから、梅雨は梅雨なりに楽しもうと思います。 ではごきげんよう。

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:
五十嵐雅行

無数にある映画の中から何を観るのかはとても大事。せっかく観るなら「いい映画」を観たいですよね。“映画通”たちに勧められた映画を観て、面白かったものを紹介します。ロードムービーと007シリーズが大好き。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきのおすすめ映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ホープ・デイヴィス

生年月日1964年3月23日(54歳)
星座おひつじ座
出生地アメリカ・ニュージャージー州イングルウッド

ホープ・デイヴィスの関連作品一覧

ジュリエット・ビノシュ

生年月日1964年3月9日(54歳)
星座うお座
出生地仏・パリ

ジュリエット・ビノシュの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST