「銀魂」実写化は主演・小栗旬×監督・福田雄一!! 原作者の空知は「皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じています」

大ヒットコミック『銀魂』がついに実写化

大ヒットコミック『銀魂』がついに実写化/(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

空知英秋による、単行本発行部数累計5,000万部を超えるギャグアクションコミック「銀魂(ぎんたま)」が、主演に小栗旬、監督に福田雄一を迎えて実写映画化されることが正式に発表された。

原作コミックの舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。主人公の坂田銀時は、そんな時代にも侍魂を固持するちょっと変わった男。銀時と仲間たちの身におきる様々な事件を描いた痛快エンターテイメントだ。

原作ファンでもあり、作中にも登場した小栗が、銀時の萌えギャップをどう演じる?

主役の坂田銀時のギャップは女性にも大人気。小栗はどう演じるのか?

主役の坂田銀時のギャップは女性にも大人気。小栗はどう演じる?/(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

その坂田銀時を演じるのが、『ルパン三世』や『信長協奏曲』で主演を務めた小栗旬。普段は気の抜けた怠け者だが、実は「白夜叉」の異名を持つ伝説の侍というギャップを持つ。そんな女性ファンを虜にする原作の魅力的なキャラクターをどう演じるか?また、自身が銀魂ファンでもあるという小栗。コミックの27巻には「小栗旬之介」というパロディキャラも登場するなど、原作とゆかりの深い小栗だけに、期待も高まる。

福田雄一監督は「原作との相性がピッタリな稀有な作家」

福田雄一監督。「この人しかいない!」起用に熱望の声が上がっていた

福田雄一監督/(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

脚本・監督を務めるのは『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『HK 変態仮面』、『アオイホノオ』の福田雄一。かねてより、「実写化するなら福田雄一がいい」「福田雄一なら見たい」との声が上がっていたという。この起用について松橋プロデューサーは「福田雄一という原作との相性がピッタリな稀有な作家で、実写化したいという提案に空知先生も興味を示してくれました。福田監督もそれ相当の覚悟で、リスクのある舟に乗ってくれました。しかし何も心配していないし、ファンの皆さんにも期待してほしい。なぜなら、私の手元にある福田さんの書いた台本、すげえ面白いんです」とコメント。福田がつくりあげる銀魂に自信をのぞかせた。

空知「今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じています」

原作者、空知英秋は「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから、基本泥舟。原作の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じています。ここに集まってくれた方々は泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々。だから、そんな人達のつくる銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた率直な気持ちです」とコメント。昨今のヒットコミック実写映画化に対する風当たりを念頭に、制作への強い覚悟、そして原作への愛情を語った。

ストーリーやキャスティングについてはまだ解禁されていない本作。今年7月から撮影を開始、公開は2017年に予定されている。人気俳優・小栗旬とオリジナリティにあふれる福田の演出で描く映画『銀魂』の続報に期待したい。


映画『銀魂』
2017年 公開予定

脚本・監督:福田雄一
主演:小栗旬
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

小栗旬

生年月日1982年12月26日(35歳)
星座やぎ座
出生地東京都

小栗旬の関連作品一覧

福田雄一

生年月日1968年7月12日(50歳)
星座かに座
出生地栃木県小山市

福田雄一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST