ゴリラの鼻息までエネルギッシュ! 『ターザン:REBORN』の最新予告動画が解禁

ターザンとゴリラの決闘シーンも一部解禁!

ターザンとゴリラの決闘シーンも一部解禁!/(C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフにによって生まれ変わった映画『ターザン:REBORN』が7月30日(土)より2D/3Dにて全国公開される。アメリカでは上映されるや否や、初登場第一位の大ヒットを記録した本作。今回、超リアルなジャングルの世界観が凝縮された最新オンライン限定予告が解禁となった。

監督「これは旧作とは違う“本格的な”ターザンだ」

日本語吹き替え版のターザン役に桐谷健太が起用されたことや、日本版主題歌には[Alexandros]が抜擢されるなど、話題の尽きない『ターザン:REBORN』。今回解禁となった映像には、ジャングルをハイスピードで縦横無尽に飛び回るターザン、大自然に潜む強大な野生動物たちがエネルギッシュに描かれている。

ターザンもさることながら、野生動物たちのアクションは実写と見間違えるほどのリアルさ。地面に拳を叩き付けるゴリラ、水しぶきを上げて迫る凶暴なカバ、町に押し寄せる大群のヌーなど、躍動感あふれる姿で描かれている。リアルさゆえにそこから感じる緊張感もひとしお。まるで自分自身がジャングルのど真ん中で野生動物と対峙しているかのような緊迫感を体験できる。

主演のアレクサンダー・スカルスガルドは「キャリア史上一番ハードな撮影になった。肉体的には本当にしんどかったが、得られるものも最も大きかった」とコメント。過酷な撮影にもその仕上がりに満足している様子。

デイビッド・イェーツ監督は「過去のターザンより、リアルな世界を作り上げることができると感じ、より神秘的で楽しいものを作れるはずだと思ったのさ。もちろん昔の『ターザン』もチャーミングで楽しいが、これは本格的な映画だ」と自信をのぞかせた。

原住民の 、監督の描き出す世界観にアクセントを加える存在も魅力的!

原住民のムボロンゴ族、監督の描き出す世界観にアクセントを加える魅力的なビジュアルにも注目!/(C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

爽快感あふれるスタイリッシュ・アクション、そして全米を熱狂させたジャングルの圧倒的世界観、ぜひ大スクリーンで堪能して頂きたい。

>『ターザン:REBORN』の記事をもっと読む


映画『ターザン:REBORN』
7月30日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー

監督:デイヴィッド・イエーツ(『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1、Part2』ほか『ハリー・ポッター」シリーズ)
キャスト:アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン/クリストフ・ヴァルツ
原題:The Legend of TARZAN

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST