【注目の話題作!】超絶観たい映画―今月のイチオシは『特捜部Q キジ殺し』

TSUTAYAの洋画担当者が、絶対観たくなる作品を、“超絶観たい”ポイントとともにご紹介!

『特捜部Q キジ殺し』

『特捜部Q キジ殺し』

人気北欧ミステリーの映画化第2弾! 双子惨殺事件の20年越しの真実

デンマーク発のベストセラー小説を映画化したシリーズ第2弾。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の脚本家が参加し、序盤で判明する真犯人に捜査の手が迫る過程を巧みな語り口で描く。未解決事件専門の窓際部署“特捜部Q”のカール(コス)が、見知らぬ男から20年前の双子殺害事件の再捜査を頼まれる。男は直後に自殺。Qのメンバーは解決済みの事件を洗い直し、情報を握る少女が事件後に失踪していたことを知る。

『特捜部Q キジ殺し』

[ココが超絶!]特捜部Qは秘書が加わり3人体制でパワーアップ!

気難しい仕事人間カールと助手アサド(ファレス)だけだったQに、新たに女性秘書ローセ(シュミット)が配属された。捜査資料を整理し直して自分の見立てを語るなど、その有能ぶりで大きな戦力となる。

『特捜部Q キジ殺し』
『特捜部Q キジ殺し』

『特捜部Q キジ殺し』

8.3 RENTAL(TSUTAYA先行レンタル)
'14年・デンマーク、独、スウェーデン
監督・脚本/ミケル・ノガール
出演/ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレス、ヨハン・ルイズ・シュミット

⇒作品紹介・レビューを読む

第3弾も本国で大ヒット! '17年日本上陸予定!!

原作は現在までに6作が刊行され、世界的に人気を博している。第3作『〜Pからのメッセージ』も既に映画化され、本国では第1作『~檻の中の女』と、この第2作を超える興行収入を記録した。

© 2014 ZENTROPA, ENTERTAINMENTS20 APS, ENTERTAINMENTS BERLIN GMBH, INTERNATIONAL SWEDEN AB All rights reserved

(文:山田紗也子)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST