アメリカ版東海道中膝栗毛?『ロング・トレイル!』主演・制作のロバート・レッドフォードが語る本当のユーモアとは

米アパラチアン・トレイルを歩く旅を通して、自然の美しさや人生の素晴らしさを描く映画『ロング・トレイル!』が7月30日(土)より全国公開となる。このたび、主演・制作を務めたロバート・レッドフォードのコメントが到着した。

シルバー2人の珍道中をアカデミー賞俳優が熱演!

人気ベストセラー作家ビル・ブライソンの著書「A Walk in the Woods」を映画化した本作。穏やかで退屈な余生から一転。見た目も性格も正反対のシニア2人組が、全長3,500kmの“アパラチアン・トレイル”踏破に挑戦する。道中に遭遇する風変わりな人々、次々に襲いかかる予測不可能な危機。自分らしく生きるとは何か?大自然を舞台に、人生の大きなテーマに迫る爽快な物語だ。

本作で主演・制作を務めたのは、1980年『普通の人々』でアカデミー監督賞を受賞したロバート・レッドフォード。原作との出会いから13年。念願の実写映画化となった本作について、レッドフォードが熱い想いを語る。

「本当のユーモアは真実からしか生まれない」

主演・制作を務めたR・レッドフォード

主演・制作を務めたR・レッドフォード/
©2015 BIG WALK PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

「2002年かな、部屋の机に本があるのを見つけた。一読して、ああこれは運命だと思ったね。一冊の本でこんなに何度も声を出して笑ったのは初めてだと思う」と原作との出会いを振りえるレッドフォード。

「私はしゃれたユーモアが好きで、原作には至る所にそれがちりばめられていた。皮肉ギリギリの「ちゃかしたユーモア」。色々な本や映画と巡り合ってきたけれど、本当のユーモアは真実からしか生まれない。それを誰かと分かち合いたい気持ちに突き動かされて、どうにか映画にできないかと思ったんだ」とコメント。原作の持つ魅力的なユーモアの衝撃を語った。

また、紀行作家の主人公ビルのどこか偏屈な自身の役柄について「ビルはなぜ自分がアパラチアン・トレイルに惹かれたか説明できない。今までのやってきたことや、仕事面での生活が意味をなさなくなってきた。どうしたらいいかが分からず、一人でどこかへ行きたいと思うようになる。そして何か極端なことに挑戦したいと思う。たとえそれが理解されなかったとしても、チャレンジしないことには今後の人生を生きていけないと思い始めるんだ。そして彼は無謀とも言える旅に出るんだ」と話すレッドフォード。

年を重ねる中で誰しもが感じる葛藤と衝動。等身大の主人公ビルを名優R・レッドフォードがどのように演じるのか注目だ。


『ロング・トレイル!』
7月30日(土)全国公開

【ストーリー】
再会の3500㎞。友と森を歩く。英国の人気作家ビル(ロバート・レッドフォード)は、家族と共に故郷の米国に戻り、穏やかな生活を送っている。そんな毎日に物足りなさを感じていたビルはふと、全長 3,500kmの自然歩道“アパラチアン・トレイル”踏破を思いつく。同行者として名乗り出た破天荒な旧友カッツと共に意気揚々と出発したが、二人の前には大自然の驚異と体力の衰えという現実が立ちはだかる。彼らの波乱の冒険はやがて、思いがけない心の旅へと進路を変えていく──。

監督:ケン・クワピス『だれもがクジラを愛してる。』
出演:ロバート・レッドフォード『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』、ニック・ノルティ『サウス・キャロライナ愛と追憶の彼方』、エマ・トンプソン『ウォルト・ディズニーの約束』
原作:「A Walk in the Woods」ビル・ブライソン著原題:A Walk in the Woods
2015年/アメリカ/104分/英語/字幕翻訳:寺尾次郎
配給:ツイン

だれもがクジラを愛してる。

だれもがクジラを愛してる。

出演者 ドリュー・バリモア  ジョン・クラシンスキー  クリステン・ベル  ダーモット・マロニー  ヴィネッサ・ショウ  ジョン・ピンガヤック  アマウォーク・スウィーニー  テッド・ダンソン  ジェームズ・レグロス  ロブ・リグル
監督 ケン・クワビス
製作総指揮 ライザ・チェイシン  デブラ・ヘイワード  スチュアート・ベッサー  ポール・グリーン[製作]
脚本 ジャック・アミエル  マイケル・ベグラー
原作者 トム・ローズ
音楽 クリフ・エデルマン
概要 1988年10月に世界中の注目を集めたアラスカのクジラ救出作戦をめぐる奇跡の実話を基に描く感動のヒューマン・ドラマ。主演は「50回目のファースト・キス」のドリュー・バリモア。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」のケン・クワピス。1988年10月、米国アラスカ州バロー。ある日、3頭のクジラが分厚い氷に取り囲まれ、外洋へ出られなくなってしまう。そのニュースを見た環境保護団体グリーンピースのレイチェルはすぐさま現地へと向かい、クジラ救出に奔走する。やがて彼女が主導する救出作戦は全米中の関心を集め、イメージアップを狙う石油採掘会社や州知事をはじめ様々な人々の思惑を巻き込みながら一大プロジェクトへと発展していくのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ウォルト・ディズニーの約束

ウォルト・ディズニーの約束

出演者 エマ・トンプソン  トム・ハンクス  ポール・ジアマッティ  ジェイソン・シュワルツマン  ブラッドリー・ウィットフォード  ルース・ウィルソン  B・J・ノヴァク  メラニー・パクソン  アニー・ローズ・バックリー  コリン・ファレル
監督 ジョン・リー・ハンコック
製作総指揮 ポール・トライビッツ  クリスティーン・ランガン  アンドリュー・メイソン  トロイ・ラム
脚本 ケリー・マーセル  スー・スミス
音楽 トーマス・ニューマン
概要 ウォルト・ディズニー製作の名作ミュージカル・ファンタジー「メリー・ポピンズ」の誕生秘話をトム・ハンクスとエマ・トンプソンの主演で映画化した感動ドラマ。映画化に情熱を燃やすウォルト・ディズニーが、頑固な原作者P・L・トラヴァースから許諾を得るまでの悪戦苦闘の道のりを、原作に秘められた彼女の幼少期の物語を織り交ぜ描き出す。監督は「しあわせの隠れ場所」のジョン・リー・ハンコック。1961年、ロサンジェルス。ウォルト・ディズニー20年来の悲願である児童書『メリー・ポピンズ』の映画化は、原作者P・L・トラヴァースの抵抗に遭い、暗礁に乗り上げていた。そんな中、ようやく映画化についての話し合いが実現することになり、トラヴァースがロンドンからやって来るが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ドナルド・サザーランド

生年月日1935年7月17日(83歳)
星座かに座
出生地カナダセントジョン

ドナルド・サザーランドの関連作品一覧

ドリュー・バリモア

生年月日1975年2月22日(43歳)
星座うお座
出生地

ドリュー・バリモアの関連作品一覧

エマ・トンプソン

生年月日1959年4月15日(59歳)
星座おひつじ座
出生地ロンドン

エマ・トンプソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST