12月公開『スター・ウォーズ』シリーズ最新作への登場が明かされた“2つの黒”。ダース・ベイダーともう一つは…

(C)Lucasfilm 2016

彼らの役割とは?/(C)Lucasfilm 2016

12月16日(金)より全国公開される『スターウォーズ』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。全世界を空前の熱狂で包みこんだ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開からはや7か月。その感動が冷めやらぬ中、世界中から熱い視線が向けられている本作のファン待望のビジュアルが解禁された。

ダース・ベイダー登場も! 興奮しすぎの監督が思わずルール違反!?

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は今まで全く語られることのなかった『スター・ウォーズ』の“アナザー・ストーリー”。舞台は闇の帝王ダースベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』とシリーズ原点『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間。今まで語られることのなかった、帝国軍の悪魔の兵器“デス・スター”の設計図を入手する決死のミッションを描くスターウォーズ外伝だ。

また、本作ではあのダースベイダーがスクリーンに復活することでも話題だ。監督のギャレス・エドワーズも今回のダースベイダーの復活には大興奮。撮影中に初めて対面した際「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけどケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と当時の興奮を振り返った。あのテーマ曲と特徴的な呼吸音が劇場に響き渡るのを待ちきれないファンも多いのではないだろうか?

【どんな理由が?】 新ストームトルーパーのは黒!

今回解禁となったビジュアルには、ダースベイダー率いるストームトルーパーと、新たに本作で登場するデス・トルーパーが映し出されている。

今回解禁となったストーム・トルーパーとデス・トルーパーの新ビジュアル

今回解禁となったストーム・トルーパーとデス・トルーパーの新ビジュアル/(C)Lucasfilm 2016

全身が黒くダース・ベイダーのような禍々しい邪悪さを匂わせるデス・トルーパー。きれいなビーチには似つかわしくない彼らは、ダース・ベイダーの部下オーソン・クレニック(演:ベン・メンデルソーン)が率いている兵士だ。実はオーソンはダースベイダーを出し抜こうとする野心的な側面を持つキャラクター。そんな背景を持つデス・トルーパーとおなじみのストームトルーパー。その関係性は本作でもカギになってくるのだろうか?

>「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の記事をもっと読む


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金)より全国公開

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST