友近「ゴーストバスターズ・ジャパンは永遠に不滅です!」―公開直前舞台挨拶で吹替版の主題歌熱唱!!

 

 日本語吹替版3D特別上映会より

8月19日に全国公開を迎える映画『ゴーストバスターズ』のPRキャラクターとして、4月6日の(幽霊)会社設立発表から、怒濤の活躍を見せている「ゴーストバスターズ・ジャパン」(友近、渡辺直美、椿鬼奴、しずちゃん)が、8月15日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた日本語吹替版3D特別上映会に登場。吹替版主題歌をお披露目し、世界でたった一度きりの貴重なライブを実現させた。

4人はお馴染みとなったお揃いのツナギと、プロトンパックで完全武装して登壇。友近がLAプレミアで「続編への出演依頼をポール・フェイグ監督から直々に受けました」とマル秘エピソードを語ると、渡辺からも「レイ・パーカーJr.さんからMVの次回作に出たい」と言われたことを披露。さらにシークレットとされていた、鬼奴としずちゃんの声優の配役も発表するなど、舞台挨拶は序盤から大盛り上がり。

これから日本語吹替版を観る観客に対して鬼奴は、「ホテルのフロント役ででています。一回しかでていなので聴き洩らさないで」とアピール。レポーター役のしずちゃんは、「男の声と間違えられるかもしれません」といつもと違う声色でのアフレコだったことを語った。さらに友近からは、「ゴーストバスターズ・ジャパンは永遠に不滅です!」という力強い存続発言も飛び出した。

そしていよいよ、一夜限りの「ゴーストバスターズ・ジャパン」オリジナルVer.を披露。客席の興奮もMAXに達し、曲に合わせて「ゴーストバスターズ!」の大合唱も起こり、エグスプロ―ジョンが振り付けを担当したダンスも歓声を浴びた。しかし、ここでゴーストたちを呼び寄せてしまうという想定外の事態が発生。パフォーマンスを終えた4人が舞台から降りたその隙に、客席の至る所にゴーストが出現したのだ。司会や観客の悲鳴を聞きつけ、最新兵器となるピコプロトンパックを手に再登場した「ゴーストバスターズ・ジャパン」は、見事な連携で次々にゴーストを捕獲。4人はプロモーションだけではなく、本家に劣らぬゴースト退治の腕前も満員の観客の前で実証してみせた。


映画『ゴーストバスターズ』
8月19日(金)全国公開、8月11日(木・祝)~14日(日)先行公開

監督:ポール・フェイグ  
製作:アイヴァン・ライトマン(『ゴーストバスターズ』シリーズ監督)  
キャスト:クリステン・ウィグ(『オデッセイ』)、メリッサ・マッカーシー(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)、ケイト・マッキノン(『テッド2』)、レスリー・ジョーンズ(「サタデー・ナイト・ライブ」)、クリス・ヘムズワース(『アベンジャーズ』)
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST