早くも続編が製作決定の『ペット』、興収で『ミニオンズ』を越えられるか?

(C) Universal Studios.

(C) Universal Studios.

イルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ『ペット』が8月11日に公開され、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐ爆発的な数字を叩き出し、イルミネーション作品史上初の国内映画ランキング1位を獲得。公開2週目もその勢いは増すばかりで、公開11日間で早くも動員180万人、興行収入23億円を突破。8月21日時点で、観客動員数1883759人、興行収入23億126万2700円という、『ミニオンズ』越えも期待させる興収記録を打ち立てている。

本作は、「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語。日本語吹替版キャストには、人気お笑い芸人バナナマンの設楽統と日村勇紀をはじめ、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖といった豪華声優陣が集結している。

7月8日に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月22日現在では、全米興行収入は3億4672万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品で依然トップの成績をキープする好調ぶり。さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに6億ドルを突破し、早くも続編制作が決定している。


映画『ペット』
大ヒット上映中

声の出演:バナナマン(設楽統、日村勇紀)、佐藤栞里 他
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
監督:クリス・ルノー、ヤロー・チェイニー
脚本:ブライアン・リンチ、シンコ・ポール、ケン・ドーリオ
原題:The Secret Life of Pets/全米公開7月8日[予定]
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST