【9月6日は黒澤明監督の命日】映画『マグニフィセント・セブン』 予告編&ポスタービジュアルが解禁! デンゼル・ワシントンとクリス・プラットからのコメントも

 

映画『マグニフィセント・セブン』 より

映画『マグニフィセント・セブン』から、原案となった『七人の侍』で知られる世界の巨匠、故・黒澤明監督の命日である9月6日に、予告編とポスタービジュアルが解禁。これに併せて、主演のデンゼル・ワシントンとクリス・プラットから、予告編紹介コメント映像も到着した。

解禁された日本版予告編は、無慈悲に街を荒らされ、嘆き悲しむ女性のセリフから始まり、デンゼル・ワシントン演じるサムが、女性に「復讐を望む?」と問いかけると、女性は「正義を 復讐は手段よ」と決意の眼差しを向ける。次のカットでは、西部劇らしくサムの華麗な銃さばきが目を引き、「もう閉店なのか?」と話す男が登場。この男・ジョシュを演じるのは、『ジュラシック・ワールド』『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットだ。

そして、Heavy Young Heathensの「House of the Rising Sun」がクールに流れる中、最強のワルたちが暴れまわる。「ド派手にやろうぜ」のセリフ通り、“かなりヤバイ”銃撃戦、爆発、ナイフさばきなど、怒濤のアクションシーンが連発。賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士。個性豊かな7人のアウトローたちが、彼らの流儀で悪を裁いていく姿は、痛快と言うほかない。

監督は、『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア。黒澤監督の『七人の侍』、そのハリウッド・リメイクである『荒野の七人』のDNAを受け継ぎ、初めてリメイク作品のメガホンを取った。ワシントン、プラットの他にも、『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークや、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のイ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが物語を彩る。

ワシントン、ホーク、フークア監督の3人は、『トレーニング デイ』以来、実に15年ぶりのタッグを組んだ。フークア監督は、ワシントンにとって初めてのアカデミー賞主演男優賞をもたらした監督でもあり、本作でのコンビネーションにも期待が高まる。ストーリーの詳細は未だ謎に包まれているが、この凄まじい予告編の迫力には期待せずにいられない。


映画『マグニフィセント・セブン』
2017年1月27日公開!

『マグニフィセント・セブン』:Magnificent7.jp (全米公開:9月23日)
監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』『イコライザー』)、クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)、イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)、イ・ビョンホン(ターミネーター:新起動/ジェニシス』)、ヴィンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・プラット

生年月日1979年6月21日(39歳)
星座ふたご座
出生地米・ミネソタ州

クリス・プラットの関連作品一覧

デンゼル・ワシントン

生年月日1954年12月28日(63歳)
星座やぎ座
出生地

デンゼル・ワシントンの関連作品一覧

黒澤明

生年月日1910年3月23日(88歳)
星座おひつじ座
出生地東京都

黒澤明の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST