『キング・オブ・エジプト』でエジプト出身・大砂嵐が現役力士史上初の洋画吹替え声優に挑戦!

大砂嵐

大砂嵐

現役力士として史上初!

世界20カ国のオープニング興行収入No.1を記録した超ド級の冒険スペクタクル『キング・オブ・エジプト』が9月9日(金)より全国で超拡大公開となる。

主人公の盗賊の青年ベック役にKis-My-Ft2の玉森裕太、ベックの恋人ザヤ役には女優の永野芽郁が、そして、中村悠一、小山力也、沢城みゆき、中井和哉、菅生隆之、田中真弓ほか、超豪華声優陣が脇を固める本作に、エジプト出身の現役力士・大砂嵐が、吹替え声優を務めたことが明らかになった。大砂嵐は、自身のTwitterでは、力士の千代丸との仲睦まじい写真や絵文字を使った茶目っ気たっぷりの投稿が話題を呼び、大相撲ファンだけでなく幅広い層から人気だ。現役力士が洋画の吹替え声優に挑戦するのは、本作が史上初となる。

大砂嵐が演じるのは、残虐な暴君と化した砂漠の神・セト(ジェラルド・バトラー/吹替え:小山力也)の宮殿で、セトの炎の番をしている、スフィンクス。古代神話に登場する人間の頭とライオンの胴体をもつ怪物であり、通行人に謎をかけ、答えられない者を殺したということで古くから知られている存在。本作でも、ベック達はスフィンクスに遭遇し、「スフィンクスの謎」を解かなければならない重大なミッションに挑むことになる。

大砂嵐は本作のようなアトラクションムービーが大好きで、さらに出身国であるエジプトが舞台ということで、「こんな映画は何回もみたいですね」と言いながら、実はオファー前にすでに5回も鑑賞していたことを明かした。そこで、今回の吹替えのオファーを受けて、「凄い嬉しかったです。スフィンクスがエジプトだから」と大興奮。初のアフレコ挑戦は「相撲の取組よりも緊張した。難しかったけど、がんばりました」とコメントを寄せた。

■『キング・オブ・エジプト』 TVCMスフィンクス編

■『キング・オブ・エジプト』 大砂嵐特別映像


映画『キング・オブ・エジプト』
大ヒット上映中

監督:アレックス・プロヤス(『アイ、ロボット』)
出演:ブレントン・スウェイツ(『マレフィセント』)、ニコライ・コスター=ワルドー(「ゲーム・オブ・ストーンズ」シリーズ)、チャドウィック・ボーズマン(『ブラックパンサー』)、エロディ・ユン(『G.I.ジョー バック2リベンジ』)、コートニー・イートン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ルーファス・シーウェル/ジェラルド・バトラー(『300 <スリーハンドレッド>』)/ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
配給:ギャガ
2015/127分/アメリカ/カラー/2D 3D 4DX MX4D .D-BOX

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST