『スター・トレック BEYOND』、日本版ポスターは故・ポール・ウォーカーを意識している?

 

(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks

10月21日に全国公開を迎えるSF超大作『スター・トレック BEYOND』から、日本版のオリジナルポスタービジュアルが到着。『ワイルド・スピード』シリーズで知られ、2013年に急逝したポール・ウォーカーを彷彿させる、クリス・パインの姿が明らかになった。

本作は、<ある決断>を胸に秘めるカーク船長(パイン)、そして散り散りになったエンタープライズ号の船員たちが繰り広げる戦いを、未だかつてないスケールで描くシリーズ最新作。主演のパインの他、ザッカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、そして故アントン・イェルチンらお馴染みのキャストが再集結している。

メガホンを取ったのは、『ワイルド・スピード』を大ヒットシリーズへ育てたジャスティン・リン監督。想像を超えたアクションと仲間同士の強い絆で映画ファンを魅了してきたリン監督が完成させた本作は、『ワイルド・スピード』を彷彿とさせる、いわば『ワイルド・スピード SPACE MISSION』 と呼ぶにふさわしい作品になっているとのこと。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、銃を構える主人公のカークや相棒のスポック(クイント)、その他エンタープライズ号のクルー、そして物語の鍵を握る新キャラクター・ジェイラ(ソフィア・ブテラ)が、宙に浮かぶ未来都市に集結した姿が確認できるが、実はこのビジュアルの中に、『ワイルド・スピード』へのオマージュが隠されているらしい。

…実は、カーク船長に扮して銃を構えるパインの姿が、『ワイルド・スピード MEGA MAX』の海外版ポスタービジュアル内におけるウォーカーの姿にそっくりなのだ。リン監督はこれについて言及しておらず、明確な意図を持ってこのようなデザインにしたのかも明らかではないが、もしかすると、二作品、そしてウォーカーへの強い想いが反映された結果なのかもしれない。


映画『スター・トレック BEYOND』
10月21日(金)全国公開!!

製作:J.J.エイブラムス 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(監督)『スター・トレック』(監督)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(監督)
監督:ジャスティン・リン 『ワイルド・スピード MAX』『ワイルド・スピードMEGA MAX』『ワイルド・スピード EURO MISSION』
脚本:サイモン・ペッグ(共同脚本)『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』(脚本)『宇宙人ポール』(脚本)
出演:
クリス・パイン (カーク)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 『エージェント・ライアン』
ザカリー・クイント (スポック)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
ゾーイ・サルダナ (ウフーラ)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『アバター』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
サイモン・ペッグ (スコッティ)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
カール・アーバン (ボーンズ)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『リディック:ギャラクシー・バトル』
アントン・イェルチン (チェコフ)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 『ターミネーター4』
ジョン・チョー (スールー)『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 『トータル・リコール』
イドリス・エルバ 【新キャスト】『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『マイティ・ソー』『プロメテウス』『パシフィック・リム』
ソフィア・ブテラ 【新キャスト】『キングスマン』
ジョー・タスリム 【新キャスト】『ワイルド・スピード EURO MISSION』

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST