行定勲も参加!東京国際映画祭発『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』予告編とポスタービジュアルが到着

 

(C)2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

今年に第29回目を迎える「東京国際映画祭」で、同映画祭史上初となる製作作品『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』が、10月26日にワールドプレミア上映されることが決定。併せてポスタービジュアルと予告編も解禁となった。

東京国際映画祭と国際交流基金アジアセンターが共同製作する本作は、東京国際映画祭が初めてオムニバス映画製作を手がける記念すべき作品。新しい試みとなるシリーズの第1弾として、言葉や文化が違う人々が≪映画≫という共通言語のもと集まり、ひとつの映画が製作された。

本作は、「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」をテーマに、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアを舞台に各国間を行きかう人々の生きる姿を描いた作品。時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すという意味を込め、本作品のタイトルは『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』に決定したという。

ブリランテ・メンドーサ、行定勲、ソト・クォーリーカーというアジアを代表する3名の監督がメガホンを取った本作は、不法滞在者、高齢化問題、内戦と復興など、問題を抱えながらその時代、その場所で生きる人々の姿を通じて、アジア人としてのアイデンティティや生き方を問いかける作品になっている。解禁された予告編では、日本映画界の重鎮・津川雅彦、国際派俳優の加藤雅也、永瀬正敏らの出演シーンが一部確認できるので、ぜひチェックしておこう。


『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』

「SHINIUMA Dead Horse」監督:ブリランテ・メンドーサ/キャスト:ルー・ヴェローソ
「鳩 Pigeon」監督:行定勲/キャスト:津川雅彦 シャリファ・アマニ 永瀬正敏
「Beyond The Bridge」監督:ソト・クォーリーカー/キャスト:加藤雅也 チュムヴァン・ソダチヴィー 重松収
製作:国際交流基金アジアセンター/ユニジャパン(東京国際映画祭)
特別協賛:IMAGICA
統括プロデューサー:久松猛朗

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

永瀬正敏

生年月日1966年7月15日(52歳)
星座かに座
出生地宮崎県

永瀬正敏の関連作品一覧

津川雅彦

生年月日1940年1月2日(78歳)
星座やぎ座
出生地京都府

津川雅彦の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST