テラハで話題の健太郎、映画「14の夜」でヤンキー役に初挑戦!

(C)2016「14の夜」製作委員会

(C)2016「14の夜」製作委員会

映画『14(じゅうし)の夜』が12月24日(土)より新宿テアトル他全国公開となる。本作は『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた今映画界から最も注目される脚本家・足立紳の監督デビュー作品として、注目を集める話題作だ。

「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップが舞台。性にざわめき、やがて冒険に出る中学生男子たちの悶々とした思いを描いている。情けなくも愛すべき“性春”を通じて成長していく少年たちの姿は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせるはず…!?

そんな“イカ臭い『スタンド・バイ・ミー』 ”と呼ばれる本作品に、TBSドラマ「仰げば尊し」の井川役や、CX「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のスタジオレギュラーとして人気急上昇中の健太郎が、主人公・タカシの同級生であるヤンキー役として出演。新たな魅力を振りまいている。

(C)2016「14の夜」製作委員会

(C)2016「14の夜」製作委員会

■健太郎 コメント
僕が演じた金田という役は、ヤンキーのリーダー的存在で、他のヤンキーとはだいぶ違うモノを持っているので、演じていてその部分を出すのが難しかったですが、それ以上に楽しかったです。今回、『初めての体験』をさせて頂いたのですが、この作品でできたことがよかったなと思っています。その『初めての体験』をぜひ劇場でご覧いただきたいです。足立監督の初監督作品である『14の夜』で監督とご一緒できたこと、この作品に携われた事が今の自分にとってとても大きな財産になりました。今から公開が楽しみです!!



映画『14の夜』
12月24日よりテアトル新宿ほか全国公開!

出演者:犬飼直紀 濱田マリ 門脇 麦 和田正人 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)
健太郎 青木 柚 中島来星 河口瑛将 稲川実代子 後藤ユウミ 駒木根隆介 内田慈 坂田聡 宇野祥平 ガダルカナル・タカ /光石研
監督・脚本:足立紳(『百円の恋』) 音楽:海田庄吾(『百円の恋』)
主題歌:キュウソネコカミ「わかってんだよ」(Getting Better Records / Victor Entertainment)
製作:「14の夜」製作委員会(東映ビデオ・ブレス)
プロデューサー:佐藤現(『百円の恋』) 制作プロダクション:東北新社
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS(『百円の恋』)
宣伝協力:Prima Stella
PG-12

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST