本国アメリカではクリスマス映画の定番『素晴らしき哉、人生!』ほかー優しさあふれる作品を観てステキなクリスマスを迎えよう MERRY Xmas 2016[Vol.1]

大切な人と過ごすクリスマスには、心が洗われる優しい映画を観て、絆を確かめたい。

『素晴らしき哉、人生!』

『素晴らしき哉、人生!』
『素晴らしき哉、人生!』

本国アメリカではクリスマス映画の定番

不運続きの善良な男がクリスマスイヴに自殺を図るが、「自分が生まれなかった世界」を見習い天使に見せられ、自分の存在意義を知る。名匠フランク・キャプラ監督の代表作。米国での'46年の初公開時は興行的に失敗したが、現在はクリスマス映画の定番として親しまれている。

⇒作品詳細・レビューを見る

©FILMS SANS FRONTIERES

『Disney's クリスマス・キャロル』

『Disney's クリスマス・キャロル』
『Disney's クリスマス・キャロル』

クリスマスの名作物語を3DCGで映像化

ロバート・ゼメキス監督がパフォーマンスキャプチャー技術で俳優の演技をデジタル化し、製作した3DCG映画。意地が悪く嫌われ者の金の亡者スクルージが、クリスマスの精霊3人により自分の過去と現在、未来を目にして、改心する。主演のジム・キャリーが精霊など全7役を演じた。

⇒作品詳細・レビューを見る

©2016 Disney

『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場』

『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場』

消えたお姫様を捜しだせ!

雪の王国の姫が、悪の伯爵と魔女により森の奥へ追いやられる。10年が経とうとする頃、姫を捜そうという少女が王の前に現れる。クマや北風などのキャラクターが楽しい。

⇒作品詳細・レビューを見る

『サンタ・バディーズ/小さな5匹の大冒険』

『サンタ・バディーズ/小さな5匹の大冒険』

しゃべる子イヌたちの大冒険

5匹のゴールデンレトリーバーの子イヌが活躍する“バディーズ”シリーズの第2弾。クリスマス犬の息子、サンタ・ドッグ・ジュニアとバディーズがクリスマスの危機を救う。

⇒作品詳細・レビューを見る

©2016 Disney

『3人のゴースト』

『3人のゴースト』

コミカルに描かれる聖夜の奇跡

現代NYに舞台を置き換えて小説『クリスマス・キャロル』を映画化。ビル・マーレー扮する視聴率至上主義のTV局社長が、3人のゴーストに導かれ、人生を見つめ直す。

⇒作品詳細・レビューを見る

TM & Copyright © 2013 by PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All rights reserved.

『7月24日通りのクリスマス』

『7月24日通りのクリスマス』

モテない地味女子が大変身!?

中谷美紀と大沢たかおの共演で、吉田修一の小説を映画化したラブコメ。妄想好きの平凡な公務員の女性が、憧れの先輩との再会を機に、キレイになろうと努力を始める。

⇒作品詳細・レビューを見る

『天使のくれた時間』

『天使のくれた時間』

もし違う人生を選んでいたら?

独身貴族の金融会社社長がクリスマスの朝目覚めると、自分は元恋人と結婚して2児をもうけた別の人生を歩んでいた。ニコラス・ケイジとティア・レオーニの演技が光る。

⇒作品詳細・レビューを見る

©Beacon Communications LLC

『八月のクリスマス』

『八月のクリスマス』

日本版リメイクもある悲恋映画

穏やかに死期を待つ、写真館を営む青年と、交通取締官の女性の淡い恋。丹念な心情描写を積み重ね、観る者の心を静かに揺さぶる。日本では山崎まさよし主演でリメイク。

⇒作品詳細・レビューを見る

©SIDUS PICTURES

>不気味でキュートなクリスマスが斬新『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ほかー優しさあふれる作品を観てステキなクリスマスを迎えよう MERRY Xmas 2016[Vol.2]

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST