同名人気漫画の実写映画版『ReLIFE』 W主演は中川大志と平祐奈!

 

映画『ReLIFE』でW主演を務める中川大志と平祐奈

人気マンガアプリ「comico」で連載中の同名コミックの実写映画『ReLIFE』で、中川大志と平祐奈がW主演を務めることが決定。劇中で17歳と27歳の主人公を演じ分ける中川は「10年前の高校時代というのはどういう感覚なのかを少しでも掴みたい」と意気込みを語っている。

本作は、社会復帰実験プログラム「リライフ」の被験者として、1年限定で見た目だけ若返り、学園生活を送ることとなった27歳のニート・海崎新太が、コミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴と織りなす恋模様を描く作品。主人公の新太役に抜擢された中川は、NHK大河ドラマ『真田丸』や、映画『四月は君の嘘』『きょうのキラ君』など、話題作への出演が相次ぐ今最も注目の若手俳優。年が異なる主人公を演じ分けることについては「自分の周りにいる20代後半の方々と沢山コミュニケーションを取って、10年前の高校時代というのはどういう感覚なのかを少しでも掴みたいと思っています。あとは、どんなジェネレーションギャップがるのかも研究していきたいです」とやる気を漲らせている。

一方、不器用過ぎる女子高生の千鶴を演じる平は、『キセキ -あの日のソビト』などの話題作の公開を控えているほか、最近では映画『青空エール』にも出演していた注目の若手女優。千鶴に似せるため、前髪をバッサリとカットしたという平は、「私の中でもまた新たな挑戦がたくさんあるなぁ。と感じています。“日代千鶴”はとても不思議な女の子なので現場でどういう風に動こう、など今からとても楽しみです」と心境を明かしている。中川は、初主演映画『青鬼 ver.2.0』『通学途中』『きょうのキラ君』に引き続き、本作が主演4作目。一方の平は、W主演をつとめた『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』に続き、本作が2作目の主演映画となる。


映画『ReLIFE』
2017年4月15日(土)に全国公開を予定

原作:夜宵草 著「ReLIFE」(Comicoにて連載中)
監督:古澤健
脚本:阿相クミコ
出演:中川大志 平祐奈
企画:カルチュア・エンタテインメント
配給:松竹
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
制作スケジュール:2016年11月上旬クランクイン、12月中旬クランクアップ(予定)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST