マーティン・スコセッシ監督「家族のような人たちと作品を作った気分」―映画『沈黙』来日記者会見

マーティン・スコセッシ監督

(左から)窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信

10月19日(水)都内にて、原作・遠藤周作、マーティン・スコセッシ監督映画『沈黙』の来日記者会見が実施された。会場にはスコセッシ監督をはじめキャストの窪塚洋介、浅野忠信が登壇。スコセッシ監督は、異文化として日本映画にも多くの影響を受けた。そのため、今回のキャスティングには、親近感が沸いていたようだ。

本作は、遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫)が原作。17世紀の江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いたとある宣教師。その彼の目に映った、想像を絶する日本の光景を通じ、人間にとって本当に大切なものとは何かを問いかける歴史大作だ。

本作の出演について、浅野は「自分にとっても大きなチャレンジだった。撮影中も監督と心で通じ合うのものがあった」とコメントした。窪塚も「決まった時は狐につままれたような気分でドッキリかと思いました(笑)」と当時の心境を振り返った。

窪塚洋介

窪塚洋介

窪塚のキャスティングについてスコセッシ監督は「(窪塚演じた)キチジローは、原作の中でも特徴のあるキャラクターで、映画の中では新鮮な解釈を与えたかった。オーディションのビデオで窪塚の演技を見た時に、力強さだけではなく心から正直に演じる姿をみて、彼は役を理解していると感じた」とキャスティングにいたる経緯を語った。浅野に関しても「言葉にしなくても通じ合うものを感じた。浅野をはじめ、彼ら(キャスト)に頼り切っていたよ」と撮影当時を振り返った。

また、 溝口健二監督の『雨月物語』を皮切りに多くの日本映画に影響をうけたと語るスコセッシ監督。そんな数多くの作品を見てきた監督にとって今回のキャスティングは「見覚えのある、家族のような人たちと作品を作った気分だよ(笑)」と日本映画への親しみを込めてコメントした。

マーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督

そんなスコセッシ監督の演出について窪塚は「クランクインの初日の汚い酒場での撮影で、綺麗なスーツを着てきた監督が地べたに寝ころぶようにして指導する様子を見て、メラメラと情熱をもって撮影に当たっていることを感じました」とコメント。浅野も「俳優の奥にある何かを常に期待して、待ってくれていました」と監督の演出を振り返り、キャストとの間の強い信頼関係を語った。

浅野忠信

浅野忠信

本作には、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールド、『96時間』シリーズのリーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で脚光を浴びたアダム・ドライバーに加え、日本からはイッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシらも参加。本作は、来年1月21日より全国公開となる。監督とキャストとの熱い信頼関係から生まれる芝居にも注目だ。


映画『沈黙-サイレンス-』
2017年1月21日 全国ロードショー

原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信
イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ
配給:KADOKAWA

このタグがついた記事をもっと見る

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート

出演者 レオナルド・ディカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー  マシュー・マコノヒー  ジョン・ファブロー  カイル・チャンドラー  ロブ・ライナー  ジャン・デュジャルダン  ジョン・バーンサル  ジョアンナ・ラムレイ
監督 マーティン・スコセッシ
製作総指揮 アレクサンドラ・ミルチャン  リック・ヨーン  アーウィン・ウィンクラー  ジョエル・ゴトラー  ジョージア・カカンデス
脚本 テレンス・ウィンター
原作者 ジョーダン・ベルフォート
概要 80年代から90年代のウォール街で“狼”と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録を、「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化したピカレスク伝記ドラマ。20代で億万長者にのし上がり、30代で逮捕されるまでのあまりにも破天荒すぎる栄光と転落の物語を描く。共演はジョナ・ヒル。80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者に。彼のクレイジーな豪遊ライフは衆目を集め、当然のように捜査当局からも目を付けられるジョーダンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

出演者 アンドリュー・ガーフィールド  エマ・ストーン  リス・エヴァンズ  デニス・リアリー  キャンベル・スコット  イルファーン・カーン  マーティン・シーン  サリー・フィールド  エンベス・デイビッツ  クリス・ジルカ
監督 マーク・ウェブ
製作総指揮 スタン・リー  ケヴィン・フェイグ  マイケル・グリロ
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト  アルヴィン・サージェント  スティーヴ・クローヴス
原作者 スタン・リー  スティーヴ・ディッコ
音楽 ジェームズ・ホーナー
概要 マーヴェル・コミックスの人気キャラクターを、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド主演で装いも新たに3Dで再映画化したアクション・アドベンチャー大作。両親の失踪の真相を追い求める悩み多き青年が、様々な葛藤を乗り越えスパイダーマンとしての運命を受け入れていく姿を、迫力のアクションと感動のストーリー展開で描き出す。幼いときに両親が失踪し、伯父夫婦のもとで育った冴えない高校生、ピーター・パーカー。ある日、父の消息を求めてオズコープ社のコナーズ博士を訪ねた彼は、遺伝子実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。すると翌日、ピーターの身体に異変が起こり…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マーティン・スコセッシ

生年月日1942年11月17日(75歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

マーティン・スコセッシの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST