マーベル映画最新作『ローガン(原題)』日本公開決定! オンライン限定予告で衝撃の事実が描かれる!

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation


マーベル映画最新作『ローガン(原題)』の日本公開が6月に決定し、オンライン限定予告編が解禁となった。先日、ジェームズ・マンゴールド監督や、タイトルロールを演じるヒュー・ジャックマンが、自身のTwitterにポスター画像を投稿。『X-MEN』シリーズの人気キャラクター・デッドプールを演じたライアン・レイノルズが、「That's my hand holding Logan's in the new poster.(ローガンの手を握っているのは俺だよ)」と傷ついた大きな手を握る“小さな手”は、レイノルズの手だと投稿するなど、世界中で様々な憶測が飛び交った。そんな小さな手の正体も、到着した予告編では明らかになっている。

到着した予告編で、衝撃の事実に気づかされることとなる。ローガンとは、ワイルドな風貌に孤高の魂を宿し、あらゆる物質を切り裂く超金属(アダマンチウム)の爪と驚異的な治癒能力を持ったウルヴァリンだ! ウルヴァリンは、肉体再生能力を持つため、外傷は即座に治り、老化現象も抑えられるため“不老不死”の最強のヒーローだった。しかし、到着した映像の冒頭で映し出される、皺が刻まれた皮膚や、傷跡だらけの肉体、「ローガン」を名乗ることから、誰がこの男が“あのウルヴァリン”であることがわかるだろうか?そして、ウルヴァリンに語りかける男をチャールズと呼んでいることから、チャールズ・エグゼビアつまり、プロフェッサーXであることもわかる。

今度のウルヴァリンは、我々が見慣れている彼とは全く違う。年を重ね、治癒力の衰えた彼は、生まれて初めて、本当に傷つきやすい状態だ。苦痛と苦悩に満ちた長い年月が過ぎ、今や、X-MENは伝説でしかなく、人間からミュータント遺伝子が削除された世界で、彼は方向性が見つからない生活に埋もれている。彼の良き師であるチャールズは、以前の面影もない混乱した状態だが、ウルヴァリンに最後のミッションを引き受けてほしいと説得する。おそらく、これまでで最大の危機となる彼の使命は、“ミュータントにとって最後の望みとなる少女”を守ることだった。なぜ、ウルヴァリンの治癒力は衰え、改造手術前の【ローガン】を名乗っているのか?そして、少女がなぜ、ミュータントの最後の望みなのか?謎は深まるばかりだ。

2000年『X-MEN』でスクリーンデビュー以来、絶大な人気を誇りながらも、ずっと謎に包まれていた最強にして孤高のヒーロー:ウルヴァリン/ローガンを演じるのは、もちろん15年以上も思い入れたっぷりに演じてきたヒュー・ジャックマン。ジャックマンは、本作を最後にこのキャラクターを演じることを卒業すると噂されているから、これで見納めとなる可能性も。そして、『ウルヴァリン:SAMURAI』(13)に続き、ウルヴァリン/ローガンを知り尽くしているジェームズ・マンゴールドがメガホンを取る。

このパワフルでドラマチックな、感情を揺さぶるストーリーは、ある意味、今まで誰も見たことがないレジェンドのウルヴァリンの姿を明らかにする。まだまだベールに包まれているが、続報に益々期待がかかる。


『ローガン(原題)』
2017年6月全国ロードショー

監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート
配給:20世紀フォックス映画
20世紀フォックス映画アプリ配信中/新作

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST