寺島しのぶ×池松壮亮の『裏切りの街』が11月12日より公開!キービジュアル、監督コメント&予告編が解禁

 

(c) BeeTV

寺島しのぶ池松壮亮の共演作である映画『裏切りの街』が、11月12日より、新宿武蔵野館にて公開することが決定。併せて、キービジュアルと、メガホンを取った三浦大輔監督のコメント、そして予告編が解禁となった。

 

(c) BeeTV 

本作は、劇作家・演出家としてだけではなく映画監督としても高い評価を受け、今秋の注目映画『何者』の脚本・監督も務めた三浦監督が、2010年に自身のオリジナル脚本・演出で上演した同名タイトルの舞台を映像化した意欲作。劇中では、同棲する彼女に小遣いをもらいながら、怠惰な生活を続けるフリーターの菅原裕一(池松)と、穏やかな夫と専業主婦として平穏な日々を送る橋本智子(寺島)が、出会い系サイトをきっかけに織りなす恋愛模様が描かれる。

 

(c) BeeTV

本作を「舞台作品の中で最も映像化したかった作品」と話す三浦監督は、映画の公開に向けて、「『裏切りの街』は、不倫の話です。ただ、ありきたりな作品ではありません。普段、誰もドラマにしようと思わない瞬間を、徹底的にリアルに描いた、あまり見たことのない不倫劇だと思っています。『人間って、こんなもんだよな』と、どうしようもない登場人物たちのことを愛らしく、思ってくれたら幸いです。人は必ず裏切る。『まあ、いっか』という感じで…ただ何となく…。ただ、それにためらったなら、その瞬間の人間はとても優しい」というコメントを発表している。

劇場版である本作は、舞台では描かれなかった主人公2人のその後が新たに書き加えられ、映像配信サービスdTVにて放送され、月間視聴ランキング1位を獲得し、映画評論家を中心に多くの注目を集めた映像版に、さらに異なる編集を施した作品。平凡な専業主婦と、15歳年下のフリーターによる、禁断の恋愛とその果てを描いた本作には、数々の三浦作品に出演してきた池松と、演技派女優として知られる寺島の他にも、中村映里子、落合モトキ、駒木根隆介、平田満、佐藤仁美ら実力派キャストが出演している。また、三浦監督の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で主役を務めた峯田和伸のバンド・銀杏BOYZによる主題歌「ピンクローター」にも注目してほしい。


映画『裏切りの街』
11月12日(土)より、新宿武蔵野館にて公開!
ほか全国順次

監督・脚本:三浦大輔
原作:PARCOプロデュース「裏切りの街」(作・演出 三浦大輔)
出演:池松壮亮 寺島しのぶ
中村映里子 落合モトキ 駒木根隆介 佐藤仁美 平田満
主題歌 :「ピンクローター」銀杏BOYZ
2016年/日本/132分/R15+ (c) BeeTV 配給:エイベックス・デジタル
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004389

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST