【映像】東出昌大が池松壮亮にガチでイラッ!映画『デスノート LNW』緊迫の本編映像解禁

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

原作・大場つぐみ、作画・小畑健の大ヒットシリーズ「デスノート」の最新作『デスノート Light up the NEW world』が全国公開中!この度、東出昌大演じるデスノート対策本部捜査官の三島創と池松壮亮が演じたLの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎の本編映像が解禁となった。東出が語る、役を超えて本当にイラッとしたワンシーンとは…?

東出「あんな言い方されたら冷静ではいられない…」

とある事件で、仲間を失ったデスノート対策本部特別チーム。悲しみに暮れる中、対策本部の解散を告げられた特別チームの面々に竜崎が一言…。

緊迫感あふれるシーンだが、実は本当に一触即発の状態で撮影されていた。このシーンの撮影にあたり、東出と池松は別々に佐藤信介監督と相談を重ね、セットの中で「自身が演じる役だったらどのような動きをするのか」をそれぞれが考えていた。

東出は「竜崎の言葉には、役を離れて僕自身カチンと来て。あの撮影のときは、佐藤信介監督に事前に“あんな言い方をされたら、僕も冷静ではいられないかもしれません”って言っていたんですが、竜崎を演じた池松くんは池松くんで、監督に“三島を炊きつけますけど、それで殴られたら捜査に協力できないっすよ”と言っていたみたいで(笑)。でも池松くんは、テストではやらないのに、本番になるとちょいちょい挑発してきたから、本当にイライラさせられました。まあ、そこで生まれる勢いや熱が反映される現場だったので、そこはワクワクしましたね」とコメント。その結果、撮影中に本当に2人が喧嘩してしまうのではないかと思われる程、緊迫感が走るシーンが完成した。

お互いデスノートを追い、事件解決を望むものの、それぞれが抱く“正義”が異なる2人。デスノート封印を目指す三島。Lを超える事件解決に務める竜崎。譲れない正義を懸けた究極の頭脳戦、極限のデスノート争奪戦をお見逃しなく。


映画『デスノート Light up the NEW world』
大ヒット上映中!

原作:大場つぐみ・小畑健
監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香、中村獅童ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

東出昌大

生年月日1988年2月1日(30歳)
星座みずがめ座
出生地埼玉県

東出昌大の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST