織田信成&浅田舞が『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を応援!

 

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

人気アニメ『ドラえもん』の劇場版37作目にあたる、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』で、フィギュアスケーターの織田信成と浅田舞が、南極カチコチ隊を務めることが決定。織田は「夢のような気分ですがのび太くんみたいな勇気をもって、精一杯頑張ります!」と意気込みを語っている。

本作は南極を舞台に、氷の下の古代都市、さらには、スノーボールアース理論など、原作者の藤子・F・不二雄が得意とするS(すこし)・F(ふしぎ)が満載の大冒険を描く作品。原点回帰とも言える本作を監督するのは、『千と千尋の神隠し』で監督助手を担当し、『青の祓魔師 ―劇場版―』で監督デビューを飾った高橋敦史だ。

今回、本作にふさわしいスペシャル応援隊も決定。“南極”=“アイス”に因んで、フィギュアスケーターの織田信成と浅田舞が、その名も“南極カチコチ隊”に就任した。「ドラえもんは、一番の号泣コンテンツ!」と熱く語るほどドラえもん好きな織田と、「練習後に、よく映画ドラえもんを観ていた」と思い出を話す浅田は、一度聴いたら頭から離れないオリジナルソングに合わせて、謎の言葉を繰り返すダンス“パオパオダンス”を踊りながら、華麗な滑りとステップを披露するという。(※“パオパオ”とは…象に似た二足歩行の動物で、大きな耳が特徴だが、空は飛べない不思議な動物。宇宙にはたくさんの仲間も生息する)

 

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

織田と浅田は、映画に登場する“パオパオ”をイメージした白い衣装を着て、舞台上に作られた本格的なスケートリンクで踊るとのこと。フィギュアスケーターらしく、スケート靴も履き、滑りながら踊るシーンもあるそうだ。スケート部分の振付は、二人が大会に出る際に振り付けを担当していた宮本賢二氏が担当。撮影時には、リハーサルから振り付けをすぐに覚えて一発OKを出した浅田に、スタッフから拍手が出る一幕もあったという。

一度聴いたら忘れない音楽に合わせ、子供も大人も楽しめるS(すこし)・F(ふしぎ)な“パオパオダンス”は、子供たちの間でブームになるように、アニメ(毎週金、19時OA)のエンディングで10月28日より放送予定。なお、織田と浅田が、本作のゲスト声優を務めることも決定。二人は劇中にたくさん登場する“パオパオ”の内のそれぞれ1匹ずつを担当し、声優に初挑戦する。本編のアフレコは、12月に都内スタジオで実施される予定だ。

 

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

■織田信成コメント
今回舞ちゃんと一緒に踊りましたが、実はアイスショーなどでも一緒に踊ることがなかったので初めてのコンビなんです!でもパオパオダンス、想像以上に難しく…「アンキパン」が欲しかったです!覚えるとすごく楽しいダンスなので、いろんな人に踊ってほしいです。僕はドラえもんが大好きで、2006年から映画は全て劇場に観にいっています!特に号泣したのは『鉄人兵団』ですね。僕はよく泣きますけど、ドラえもんは僕の中でも特に“号泣コンテンツ”なんです(笑)奥さんと結婚する前もデートで観にいって、結婚後も観にいって、子供が出来たら子供と観にいって…素敵ですよね。長年ドラえもんに泣かされています。特にのび太くんが好きで、昔の自分を見ているようです。だから映画の中でのび太くんが勇気を出して行動して、友達を助けている姿を見ると感動しちゃいますし、僕もすっごく勇気をもらえます。初の声優挑戦となり、夢のような気分ですがのび太くんみたいな勇気をもって、精一杯頑張ります!

■浅田舞コメント
今回パオパオダンスを初めて見たとき、細かい動きが多くて覚えるのが大変でした。でも信くんと一緒だったので楽しく踊れましたし、スケートリンクのセットだったので「氷上だ!」と思い、安心して伸び伸び踊れました。ドラえもんは小さい頃から私の、というより本当に多くの皆さんの身近にいた存在です。この度声優にも挑戦させて頂けるとのことで、そんな皆さんから愛される「ドラえもん」の世界に飛び込めることを、とても嬉しく思います。『のび太の日本誕生』をVHSでよく観ていたのですが、あの頃受けた感動や感銘を違った角度から体感出来るのが今から楽しみです。そして大人になっても「どこでもドア」と「タケコプター」は欲しいですね。ドラえもんのひみつ道具は大人になってこそ欲しいものがたくさんあって困っちゃいます!(笑)


『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』
2017年3月4日(土)公開

原作:藤子・F・不二雄
監督・脚本・演出:高橋敦史(『青の祓魔師 ―劇場版―』)
CAST:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一

STORY
真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議なリングを見つける。調べてみたところ、そのリングが埋まっていた氷は、人が住んでいるはずもない10万年前の南極のものだった。南極へと向かうドラえもんたち。その前に、氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す―。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤子・F・不二雄

生年月日1933年12月1日(62歳)
星座いて座
出生地富山県高岡市

藤子・F・不二雄の関連作品一覧

浅田舞

生年月日1988年7月17日(30歳)
星座かに座
出生地愛知県

浅田舞の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST